日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

地球という惑星だけにプレートテクトニクスがある理由は、エロヒムが発射した核ミサイルで生じたから

globe-32299_640.png

≪プレートテクトニクスは、エロヒムが発射した核ミサイルで生じた。≫

 現在の地球の表層部は、約10枚のプレートに覆われていることが知られています。

 これは、プレートテクトニクスとも呼ばれていますが、お隣の惑星である金星にはプレートテクトニクスは存在せず、プルームテクトニクスが金星の表層を支配しています。

 火星においてもプレートテクトニクスは存在しておらず、どうやら、太陽系の惑星の中で、地球だけにプレートテクトニクスが存在しているようです。

 金星などの他の惑星の表層は、全て一枚のプレートから成り立っているのに対して、地球だけがマルチプレートの惑星であり、プレートテクトニクスが支配しているようです。

 何故、太陽系の惑星の中で、地球という惑星だけにプレートテクトニクスが存在しているのかという理由は、地球の全生命の創造者であるエロヒムが発射した核ミサイルによって生じたと考えられるからなのです。

 それは、旧訳聖書『創世記』の中に出て来る、「ノアの箱船」と大洪水の神話の時のことになります。


≪創造者エロヒムが地球に送り込んだ核ミサイルが大洪水を引き起こし、「ノアの箱船」とは宇宙船(UFO)だった。≫

『7月17日に祇園祭の山鉾巡行と剣山神社本宮大祭が行われるルーツは、古代ユダヤ』、こちらの記事の中でも書きましたが、旧訳聖書『創世記』の中に出て来る、「ノアの箱船」と大洪水の神話は、地球の全生命の創造者であるエロヒムが地球に送り込んだ核ミサイルによって生じた大洪水であり、「ノアの箱船」とは宇宙船(UFO)でした。

 聖書において神(GOD)と誤訳されている元々の原語は、ヘブライ語のエロヒムという言葉であり、「天空から飛来した人々」を意味する、れっきとした複数形なのです。

 地球の全生命は、エロヒムという、今の地球の科学よりも2万5千年進んだ高度な文明を持つ、他の惑星からやって来た異星人の科学者たちによって、科学的に創造されたものなのです。

 しかし、地球での生命創造実験に反対する反対派のリーダーであるサタンの要望により、ヤーウェと中心とするエロヒムの惑星政府は、一度、地球の全生命を抹殺することを決意し、地球に核ミサイルを発射したことがあります。

 この時に地球に送り込まれた核ミサイルの大爆発による衝撃によって、大津波が発生し、あらゆる生物は死滅しました。

 この時に地球の生命を救ったのが、地球に来ていたエロヒムの科学者たちの中のリーダーの一人であるルシファーであり、ルシファーはノアたちに命じて、「ノアの箱船」と呼ばれた宇宙船(UFO)を造らせ、大洪水から地球の生命を保護したのです。

 ルシファーという言葉は、「光を運ぶ人」を意味します。


≪元々地球には、原初の超古大陸一つだけがあった。≫

 この時に地球に送り込まれた核ミサイルによって、元々一つしかなかった原初の超古大陸がバラバラに分かれ、今ある五大陸になったのです。

 ヒマラヤ岩塩というのが売られているのをご存知だと思いますが、世界最高峰のヒマラヤも元々は海でした。

 核ミサイルによって元々一つだった原初の超古大陸がバラバラに分かれ、陸地と陸地が衝突した衝撃により、陸地が隆起して、あのような世界最高峰のヒマラヤが誕生したのです。

『7月17日――「ノアの箱船」という宇宙船が、アララト山の上に止まった聖なる記念日』、こちらの記事の中でも書きましたが、海に沈んだムー大陸やアトランティス大陸という伝説が生まれたルーツもここにあります。

 失われたムー大陸やアトランティス大陸という伝説があり、海に沈んだとされていますが、実際には、海に沈んだのではなく、核ミサイルによる大爆発により大陸がバラバラに分かれて行ったことがルーツとなっています。

 ムーやアトランティスと呼ばれた国が、大爆発により、大陸がバラバラに分かれて離れて行ったという人々の記憶が、長い年月の中で、海に沈んだムー大陸やアトランティス大陸という伝説として残っているのです。

 元々地球には、原初の超古大陸が一つだけあったのです。

 今ある五大陸が元々一つだったことは、今の地球の科学でも理解できるようになっているようです。

 南米大陸の東岸とアフリカ大陸の西岸が、同じような形をしていることなどは分かりやすい例ですが、南米大陸とアフリカ大陸を合わせると植物分布も一致するようです。

 現在の地球の表層部が、約10枚のプレートに覆われているのは、地球の全生命の創造者であるエロヒムが地球に送り込んだ核ミサイルによって生じたものと考えられます。

 お隣の火星や金星にはプレートテクトニクスは存在せず、プルームテクトニクスが支配しており、どうやら太陽系の惑星の中では地球だけにプレートテクトニクスが存在するようです。

 


≪プレートテクトニクスとプルームテクトニクス≫

 プレートテクトニクスとプルームテクトニクスという言葉について、簡単に説明しておきたいと思います。(ウィキペディアより)

★プレートテクトニクス(プレート理論)
1960年代後半以降に発展した地球科学の学説です。

 地球の表面が、何枚かの固い岩盤(プレート)で構成されており、このプレートが海溝に沈み込むことが、重みが移動する主な力となり、対流するマントルに乗って互いに動いているとする学説になります。

 地球の火成活動は、プレートの境界での造山運動と、地球内部からのプルームが噴出するホットスポットとに大別されると言いますが、プルームとは、マントル内の大規模な対流運動のことであり、この変動を検討する為の学説がプルームテクトニクスと呼ばれています。

★プルームテクトニクス
 1990年代以降の地球物理学の新しい学説。

 マントル内の大規模な対流運動をプルームと呼び、この変動を検討する為にプルームテクトニクスと命名されました。

 プレートテクトニクス理論が地球の表面に存在するプレート(厚さ約100km)の変動(テクトニクス)を扱うのに対し、プルームテクトニクスでは深さ2900kmに達するマントル全体の動きを検討します。


≪地球という惑星だけにプレートテクトニクスがある理由は、エロヒムが送り込んだ核ミサイルで生じたから。≫

 地球の隣にある金星には、プレートテクトニクスはなく、鍋で沸騰するような巨大なプルームの流れで熱輸送が行われており、プルームテクトニクスが支配しているようです。

 金星は、プレートテクトニクスではなく、プルームテクトニクスが支配している惑星であり、海嶺や海溝に相当する、はっきりとしたプレート境界はないようです。

 そして、プルームテクトニクスが支配している惑星は、金星だけではなく、火星などの太陽系の他の惑星も同じようです。

 つまり、太陽系の惑星において、地球だけにプレートテクトニクスがあるということなのです。

 金星などの他の惑星の表層は、全て一枚のプレートから成り立っているのに対して、地球だけが約10枚ものプレートに覆われており、マルチプレートの惑星なのです。

 地球だけがマルチプレートの惑星であり、プレートテクトニクスが支配している理由は、地球の全生命の創造者であるエロヒムが地球に送り込んだ核ミサイルによって生じたと考えられるのです。


参考文献
ラエル『地球人は科学的に創造された』 無限堂
戸来優次『[謎解き]聖書』 徳間書店



Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS