日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

人は皆、自分自身の意識が創り出した幻想の世界に生きている

person-809985_640.jpg
 人は皆、自分自身の意識が創り出した幻想の世界に生きています。

 私たち一人ひとりの人間は全て、自分の意識が創り出した幻想の世界の中に生きているのです。

 何故なら、自分が映す現実世界(宇宙)とは、自分の意識が投影された自分の内面の世界であり、全ては心の内の景色、言わば、幻の世界だからなのです。

 自分の外に、何か確固とした客観的な現実世界というものがある訳ではありません。

 現実世界とは、自分自身の心の中にある心象風景であり、言わば、インナーワールドなのです。

 自分の脳が画像処理・情報処理した結果を、空間という360度立体のバーチャルなスクリーンに映し出して見ているのです。

 ですから、自分が映す現実世界(宇宙)とは、自分の脳が創り出したバーチャルリアリティー(仮想現実)の世界であり、言わば、幻の世界なのです。

 多くの人たちは、自分の外に、何か確固とした客観的な世界があると考えています。

 しかし、そうではありません。

 自分の外にある、何か客観的な世界と思えるものも、実は、自分自身のフィルターを通して認識しています。

 私たちは、五感という自分自身のフィルターを通して、自分の外にあるものを認識しています。

 私たちは、自分自身のフィルターを通してしか、自分の外にあるものを認識することは出来ませんので、自分自身のフィルターという「色メガネ」を通して、外にある世界を認識しているのです。

 言わば、私たち一人ひとりが、自分自身の「色メガネ」で外にある世界を見ている訳なのです。

 そして、それが悪いということではなく、例えどんな人間であったとしても、その人の持つフィルター、即ち「色メガネ」を通してしか、外界を認識することは出来ないのです。

 私たち一人ひとりの人間は皆、自分自身の意識が「想像=創造(そうぞう)」したバーチャルリアリティー(仮想現実)の世界を見ているのであり、言わば、幻想の世界を見ているのです。

 地球上に今70億人の人間がいるとすれば、70億通りの世界(宇宙)があり、70億通りの現実があるということなのです。

 私たち一人ひとり、全ての人間は皆、自分の脳の中にあるバーチャルリアリティー(仮想現実)の世界を見ており、幻想の世界に生きているのです。

 人は皆、自分自身の意識が創り出した幻想の世界に生きています。


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS