日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

2020年1月のアーカイブ

1 Entries

西暦2020年(令和2年)、新年あけましておめでとうございます!

mt-fuji-1262405_640.jpg
西暦2020年(令和2年)が幕開け致しました!

新年、明けましておめでとうございます!

本年も、どうぞよろしくお願い致します!

昨年2019年5月1日に、元号が平成から令和へと改元されました。
元号改定という時代の大きな節目を迎える流れの中で、意識変革の大きな風が吹いていることを感じられた方も多いかも知れません。
そして、新年が明けた今年からが、令和の時代が本格的にスタートしていくことになります。

そして、今年西暦2020年(令和2年)には、東京オリンピックが開催されることになります。
さらには、5年後の西暦2025年(令和7年)には、日本国際博覧会である「大阪・関西万博」が開催されることになります。

これらの一連の大きな流れは、次世代の新しい日本の時代に向けて、日本人の「意識の結集」を促す流れの中にあるものなのです。

西暦2030年代のいずれかの時期に、次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」が、東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本から花開きます。
全ては、その流れの中にあるものなのです。
2019年の元号改定、2020年の東京オリンピック、2025年の「大阪・関西万博」などの大きなイベントなども、その流れの中にあるものなのです。

オリンピックの開催や、万博の開催などは、数年に一度、どこかの国で行われているものであり、特に珍しいことではありません。
しかし、昨年元号が改定され、第126代の天皇陛下が誕生されたような出来事は、世界の歴史に類例のないことになります。
今年西暦2020年(令和2年)は、皇紀2680年とされていますが、三千年近くの長きにわたって万世一系の天皇家が存続してきたという歴史は、世界に類例のないものになります。

今一度、私たち日本人一人ひとりが、日本人としてのアイデンティティーを想い出す時を迎えているのかも知れません。
今、世界の覇権国であるアメリカ合衆国などは、建国以来わずか二百数十年の歴史しかなく、日本の歴史に当てはめるならば、江戸時代中期頃の建国ということになります。

初代天皇・神武天皇が即位されたとされる紀元前660年から、三千年近くの長きにわたって、万世一系の天皇家が126代続いてきたというのは、世界の歴史に類例のないことであり、本当に稀有のことだと思います。
私たち日本人一人ひとりが、何故、日本という国が、東洋の日出る神国と呼ばれているのか、霊(ひ)ノ元・日本と呼ばれているのかを、改めて考えることが大切になります。

東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本という、世界に類例のない特別な国が存在しているのは、西暦2030年代に、次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」を日本から花開かせる為なのです。

神界計画において、地球の歴史で言えば、約三千年の熟成期間をかけて、日本という国は、その特別な役割を果たせるように、導かれてきています。
これを、「神武三千年の神計り」と言います。
西暦2030年代に、次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」を花開かせることが出来るように、日本という国、そして日本人は、三千年近くの長きにわたって、神界計画の中で導かれてきています。

今、私たち日本人一人ひとりが、日本人としての遺伝子を目覚めさせ、蘇らせる時を迎えています。

かつて数十年前には、第二次世界大戦・太平洋戦争という非常事態に、日本人全員が「意識の結集」を迫られた時代がありました。
戦地に赴く兵隊は元より、自宅にいる女性や子供たちまでが、食糧難や空襲などに怯えながら、戦時下という非常事態に「意識の結集」を迫られた悲しい歴史がありました。
この時は、戦時下という非常事態において、国民全員が、ある意味において、負のエネルギーに「意識の結集」を迫られた、悲しい時代でもありました。
そして、最後には、原爆を投下され、世界で唯一の被爆国にもなりました。

しかし、日本人は、敗戦の焼け野原の中から立ち上がり、驚異的な復興を果たしました。
日本人は、原爆を投下された相手国であるアメリカ人を特に憎むというふうでもなく、アメリカから工業技術などを積極的に学び、わずか30年足らずの間に、アメリカに次ぐ世界第二位の経済大国にまで発展しました。
そして、メイドインジャパンが世界最高品質と言われるような、輝かしい時代を迎えました。
大和心・大和魂を発揮した時の日本人は、驚異的なことを成し遂げることができ、これは決して他国には真似の出来ない素晴らしい特質なのです。
私たち日本人の特質を表現する大和心・大和魂という特質も、「神武三千年の神計り」の中で、長期間にわたって熟成され、育まれてきたものなのです。

そして、西暦2030年代のいずれかの時期に、私たち日本人が、その特質である大和心・大和魂を本当に発揮する時を迎えることになります。
次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」を花開かせる為に、私たち日本人が大和心・大和魂を発揮して、「意識の結集」を行う時を迎えるのです!
物質文明の次に来る次世代の地球の新しい精神文明を花開かせる為に、地球の黄金時代・黄金文明を花開かせる為に、そして、地球の恒久平和を実現させる為に、私たち日本人が「意識の結集」を行う時を迎えるのです!

新しい時代に向けて、私たち日本人一人ひとりが、「個の花」を咲かせ、自分に出来る役割を演じながら、共に歩みを深めていくことが大切になります。


最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS