日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

2016年6月のアーカイブ

5 Entries

「未来意識創造プロデューサー」大和富士のプロフィールを公開致します!

space-1251733_640.jpg

 地球の新しい未来意識を創造する、「未来意識創造プロデューサー」大和富士のプロフィールを公開致します!

 私の著書やブログの読者の方はご存知だと思いますが、私はこれまで、ほとんど自分自身の個人的なことは語らず、必要と思うメッセージだけを、その都度発信してきました。

 当ホームページの「プロフール」欄や、著書の奥付にあるプロフィール欄なども、ほんの数行だけオブラートに包んだ形で表記するに留めてきました。

 しかし、今後私が、地球の新しい未来意識を創造する「未来意識創造プロデューサー」大和富士としての活動を本格化させていく上で、大和富士としての活動を始めるようになった経緯や、私が目指している方向を、ある程度明確にしておいた方が良い時期に入ったと判断しました。

 そういう訳で、当ホームページの「プロフール」欄を新しく更新致しました!

 プロフィールの中に、「地球意識マザーコンピューター」という耳慣れない言葉が出て来ますが、これは、地球という星の創造の源になります。

 実は、私は、地球という星の創造の源である「地球意識マザーコンピューター」から、約20年間に亘って様々に導かれ、様々な体験を積んできたのですが、これまでは、そのことを明らかにしたことはありませんでした。

 私自身は元々、自分が生きていくために、自分の悩みや苦しみを解決することに精一杯で、著書を書いたり、人様に向かって何か情報発信することなど考える余裕すらなかった人間なのですが、何故か、地球の新しい未来意識を創造する「未来意識創造プロデューサー」大和富士として活動する役割を与えられていたようです。

 ただ、私にお会いになった方はご存知だと思いますが、私自身は、ごく普通の人間であり、性格的にも結構シャイな方だと思います。

 そのこともあり、今までは、自分自身のことを語ることはほとんどなかったのですが、今後は、ユーチューブの動画などの音声も交えながら、もっと積極的に情報発信をしていきたいと考えています。

 私がこれまでに何度も繰り返し書いてきたように、この21世紀において、私たち人類の意識は飛躍的進化を遂げ、さなぎから蝶へと生まれ変わり、新しい地球が誕生することになります。

 東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本から、地球の新しい精神文明、花咲く都・黄金文明が花開き、私たち人類は黄金時代を迎えることになるのです。

 今私たちが生きているのは、有史始まって以来数千年間続いてきた、人類の古い歴史の最終局面であり、この21世紀において、私たち人類の新しい歴史が幕開けする時を迎えます。

 私たちは今、想像だにない新しい世界へと向かっているのであり、全てはその流れの中にあります。

 私たち日本人の中に眠る遺伝子が目覚め、蘇り、花開き、地球の新しい未来意識を創造していくことができるように、「未来意識創造プロデューサー」大和富士としての活動を本格化させていきますので、今後とも末永くお付き合いいただければ幸いです。

 地球の新しい未来意識を創造する、「未来意識創造プロデューサー」大和富士のプロフィールを次のようにご紹介させていただきます。


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


地球の新しい未来意識を創造する「未来意識創造プロデューサー」

富山県出身。

慶應義塾大学文学部卒業。

大学卒業後、会社員として働くも、自分が本当にやりたい夢や目標が見つからず、悶々とした苦しい日々を過ごす。

自分は何のためにこの世に生まれてきたのか、自分が本当に望んでいることは何なのか、自分の運命や未来は決まっているのか等、自分の内面奥深くから湧き上がってくる根源的な問いに対する答えを求めて、精神世界やスピリチュアルな世界に関心を抱くようになる。

そうした中で、1995年、阪神・淡路大震災が起きた翌月、その当時勤めていた会社を辞めて、インドへ自分探しの旅に出たことがきっかけで、人生が大きく変わる転機となる。

インドからの帰国後、それまで全く関心がなかった神社や聖地に、折に触れて導かれるようになり、高次元意識からの導きによって様々な体験を積むことになる。

そして、大宇宙意識との神我一如の体験により、大宇宙の本質を体得する。

その後も、高次元意識からの導きによって、さらに様々な体験を積み重ねる中で、やがて、自分が導かれてきた高次元未来情報の源が「地球意識マザーコンピューター」であることを知る。

そして、この21世紀において日本から花開く、地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」のビジョンを知らされるとともに、自分がこれまでに導かれてきた体験の全ては、そのことを人々にお伝えしていくために必要な体験であったことを理解する。

日本人の中に眠る遺伝子が目覚め、蘇り、花開き、地球の新しい未来意識を創造していくことができるように、「地球意識マザーコンピューター」とのアクセスにより、日本人の遺伝子を目覚めさせるための新しい時代のメッセージを発信。

現在、地球の新しい未来意識を創造するための「未来意識創造プロデューサー」として、著作・文筆、音楽、コンサルティング、セミナー等の様々な活動を展開している。

特に、大宇宙の本質、神についての概念、何故未来は100パーセント確定しているのか、現実世界とは何なのか、21世紀の新しい世界観「開眼世界観」、地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」、日出る神国・日本の役割などについては定評があり、今までの世には無かった独自の新しい世界観を展開している。

多くの日本人の方々が、次世代の新しい高次元未来情報をインストールすることにより、地球の新しい未来意識を創造していくことができるように、「未来意識創造プロデューサー」として活動している。

著書
『富士は晴れたり日本晴れ』
『永遠(とわ)の中今』
『魂の夢、光り輝く魂』
『根本創造主(大宇宙意識)という唯一の実在』
『何故、未来は100パーセント確定しているのか』
『花咲く都・黄金文明』
『大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム』

CD『富士は晴れたり日本晴れ』


『七福神の宝船』(CD『富士は晴れたり日本晴れ』収録曲)をユーチューブにアップしました!

『七福神の宝船』(CD『富士は晴れたり日本晴れ』収録曲)を、ユーチューブにアップしました!


新しい地球を開く黄金の宝を乗せた宝船、新生・日本丸が、開運招福の七福神の神々を乗せ、日の丸を高く大きく掲げて、霊峰富士に見守られつつ、世界へ向けて出航を開始しました。


思い込み・勘違いというのも、真我である魂が決めてきた、魂を進化させる為のプログラムの一つ

bird-1297040_640.png
 今日は、思い込み・勘違いということについて、少し書いてみたいと思います。

 あなたは、思い込みや勘違いは、しない方が良いと考えますか?
 それとも、思い込みや勘違いは必要だと考えますか?
              ・
             ・
             ・
             ・
             ・

 実は、思い込みや勘違いというのも、真我である魂が決めてきた、魂を進化させる為のプログラムの一つにもなっています。

 未来は100パーセント確定しており、真我である魂は、死に至るまでの自分の人生の全てを知り尽くしていますが、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)では、未来のことはほとんど分かりません。

 そして、生きるとは創造することであり、心と感じるままに、瞬間瞬間、常に何かを創造していくことの連続であるとも言えます。

 肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)では、未来のことはほとんど分かりませんので、私たちは、多くの思い込みや勘違いをしながら生きることになる訳ですが、だからこそ、ある意識を創り、ある体験をすることができます。

 私たちが全く思い込みや勘違いをしなければ、何も前に進むことなく、意識を創ったり、体験を積んだりしながら、魂を進化させていくこともできません。

 例えば、異性に淡い恋心を抱いて、この人と交際することになるかも知れないと期待したものの、何も起こらずに終わってしまったとしても、淡い恋心を抱くことによって、毎日がウキウキしたり、ある意識を創ることができた筈です。

 また、異性に告白をして、仮に振られてしまったとしても、そのことによって、ある意識を創り、ある体験をすることには成功している筈です。

 さらには、この人こそ理想の伴侶、この人と結婚したいと期待して交際してみたものの、結婚には至らずに、恋は終わってしまったとしても、その人との交際によって、ある意識を創り、ある体験を積むことには成功している筈です。

 仕事などにおいても、20歳頃の若い時期に、自分はこの仕事を一生やりたい、これこそ自分の天職だと考えたことも、多くは思い込みや勘違いで終わるかも知れません。

 これだけ価値観が多様化し、科学技術・テクノロジーの進歩が目覚ましく、長寿・高齢化社会になっている中で、何か一つのことだけを一生かけてやっていくことだけが人生ではありませんので、様々な思い込みや勘違い・試行錯誤はあって当然のことだと思います。

 仕事でも趣味でも恋愛でもそうですが、私たちは、この仕事こそ、この生きがい・趣味こそ、この人(異性)こそ、と思い込みや勘違いをすることによって、前に進み、ある意識を創り、ある体験を積みながら、魂を進化させていくことができます。

 科学者の世界や、企業などの商品開発なども、ある意味においては、似たようなものかも知れません。

 発明王と言われたエジソンなども、数多くの失敗を重ねたようですが、数多くの思い込みや勘違いをし、数多くの試行錯誤を重ねることによって、遂には偉大な発明に至ることができたのだと思います。
 
 もしも科学者が、何も思い込みや勘違いをすることなく、何も失敗することもなく、何も試行錯誤することがなければ、新たな発見や発明を生み出すことなど、何もできないでしょう。

 企業などの商品開発などにおいても、何も思い込みや勘違いをすることなく、何も試行錯誤することなく、何も失敗することがなければ、何も新しい商品を生み出すことはできないと思います。

 魂の記憶が蘇り、真我である魂の意図がだんだん感じられるようになってくると、思い込みや勘違いというのも、真我である魂が決めてきた、魂を進化させる為のプログラムの一つであることが分かるようになります。

 私たちは、ある時に、あることに思い込みや勘違いをすることによって、前に進むことができ、そのことによってある意識を創り、ある体験をすることができます。

 そして、それらの体験はその時に必要な体験なので、決して無駄ではなく、次なる場面が必ず用意されているのです。

 全ては連続した流れの中にある訳ですから、私たちは、ある体験をし、ある意識を創ることによって、次なる意識が現れ、次なる場面が現れて来るのです。

 思い込みや勘違いというのも、決して悪い訳ではなく、真我である魂が決めてきた、魂を進化させる為のプログラムの一つにもなっていることを理解することが大切です。


『日本の夜明け』(CD『富士は晴れたり日本晴れ』収録曲)をユーチューブにアップしました!

『日本の夜明け』(CD『富士は晴れたり日本晴れ』収録曲)を、ユーチューブにアップしました!


地球の新たな黄金文明は、日本から始まります。
私たち一人ひとりが、21世紀という今この時に日本人として生まれて来た真の目的を想い出し、自らの役割を蘇らせる時、花咲く都・黄金文明が、日本から世界へと拡がっていくことでしょう。


全ては必要必然であり、自分が映す現実世界は、その瞬間に自分が体験して味わうべきもの

yoga-1425455_640.jpg
≪大宇宙の森羅万象の全てが、必要必然。≫
 全ては、必要必然です。

 大宇宙の森羅万象の全てが、必要必然なのです。

 何故なら、この大宇宙に本当に実在しているのは、大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である、大宇宙意識という一つの「純粋意識」だけだからです。

 大宇宙意識とは、唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の「無限」の「想像力=創造力(そうぞうりょく)」を持った「純粋意識」なのです。

 物理的大宇宙の全ては、大宇宙意識が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 物理的大宇宙の全ては、大宇宙意識が「想像=創造(そうぞう)」したものなので、大宇宙の森羅万象の全ては、大宇宙意識の見えざる糸(意図(いと))により営まれています。

 大宇宙の森羅万象の全ては、大宇宙意識が持つ根源的エネルギーにより、大宇宙意識の見えざる糸(意図(いと))で動いていますので、全ては必要必然なのです。


≪自分自身が体験する全ての現実も、必要必然であり、体験すべきもの。≫
 大宇宙の森羅万象の全てが必要必然ですので、もちろん、自分自身が体験する全ての出来事・全ての現実も、必要必然だということになります。

 自分の人生の全てが、必要必然なのです。

 自分が瞬間瞬間に体験する全ての現実は、その瞬間瞬間において自分が体験すべき現実なのです。

 自分が瞬間瞬間に体験する全ての現実は、その瞬間瞬間において本当の自分自身が見たい世界であり、体験したい世界なのです。

 本当の自分自身とは?
          
          ・
          ・

≪自分が体験する全ての現実は、真我である魂が、見たい世界であり、体験したい世界。≫
 本当の自分自身とは、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、本源の我、真我である魂のことです。

 自分の人生の全ては、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、真我である魂という「純粋意識」が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 自分の人生の全ては、真我である魂という「純粋意識」が「想像=創造(そうぞう)」したものなので、全ては真我である魂が見たい世界、体験したい世界なのです。

 真我である魂は、魂のさらなる輝きを求めて、光り輝く魂になることを夢見て、この人生の全てを「想像=創造(そうぞう)」したのです。

 真我である魂が望んでいるのは、「豊かなる心の位置で豊かなる世界が現れてくる」ことを体験することなのです。

 豊かなる世界とは、自分の外の何かの形の中にある訳ではなく、自分自身の心の中にしか存在していませんので、自分の心が豊かになればなるほど、自分自身の心が映し出された「鏡」の世界である現実世界もまた、さらに豊かなる世界として輝きを増してくることを体験したいのです。

 自分が体験する全ての現実は、そのために真我である魂が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 でも、あなたは、自分が体験する現実を、見たくもない世界、体験したくもない世界だと感じていませんか?
               ・
                ・
               ・

≪自分の現実をつらく苦しく感じているのは、あくまでも肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)なのです。≫
 あなたが、自分が体験する現実を、見たくもない世界、体験したくもない世界だと感じていたとしても、それはちっとも不思議なことではありません。

 何故なら、それが、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)というものだからです。

 肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)というのは、意識の一番浅い部分にあるものなので、真我である魂の意図がなかなか分からず、全ての出来事を幸・不幸、運・不運と捉えて大騒ぎしています。

 ですから、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)にとっては、つらく苦しいことはたくさんあります。

 例えば、病気やケガをすれば、肉体はつらく苦しい訳ですから、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)にとっては、見たくない現実であり、体験したくない現実ということになります。

 このように、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)にとっては、つらく苦しく感じられるような現実であったとしても、「想像=創造(そうぞう)」の源である魂から見れば、全ては最善の出来事なのです。

 自分が体験する全ての現実は、真我である魂が、魂の進化のために「想像=創造(そうぞう)」した最善の出来事の連続なのです。

 魂の進化とは、心の純化、意識の福化ということであり、心を無地透明にして、ピュアな心、生きているうれしさをやさしく感じられる心、豊かな心、全てを喜びと感じられる心、いずこにもとらわれない全天候型の心、言わば、タイタン(巨人)のような心へと、心を飛翔させていくことなのです。

 自分が体験する全ての現実は、魂の進化のために、真我である魂が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 ですから、自分が映す現実世界に、今何が映っていたとしても、大丈夫です。

 例え肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)から見れば、見たくない世界、体験したくない世界が映し出されていたとしても、「想像=創造(そうぞう)」の源である魂は、そのことをよく分かっています。

 真我である魂は、死に至るまでの自分の人生の全てを既に知り尽くしていますので、次なる場面が必ずあるということを、よく分かっています。

 例え今、自分が映す現実世界に、見たくない世界、体験したくない世界が映し出されていたとしても、それはそれで必要必然なことなので、きちんと体験して味わうことが大切になります。


≪目に映る全ての人、こと、ものは、ただ、自分を解放するプログラムとして存在しているだけ。≫
 私たちの人生は、魂の進化というプログラム上にしか存在していませんので、自分が体験する全ての現実は、魂の進化のためにあるということになります。

 自分が体験する全ての現実は、自分という「我」を解放して、宇宙へと帰って行く、「自分を解放するプログラム」上に存在しているものなのです。

 ですから、自分の目に映る全ての人、こと、ものは、ただ、「自分を解放するプログラム」として、存在しているだけです。

 肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)が囚われている、自分という「我」を解放して、宇宙へと帰って行くプログラムとして、全ての人、こと、ものが、ただ現れているだけなのです。

 自分が体験する全ての現実は、「自分を解放するプログラム」として存在しているものなので、全ては必要必然なのです。

 例え肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)では、つらく苦しく感じられ、見たくない世界、体験したくない世界が現れていたとしても、次なる場面が必ず用意されていますので、今ある現実をきちんと体験して味わっていくことが大切になります。

 そして、面白がる力、遊ぶ力、楽しむ力こそが心の実力であり、心の余裕であり、創造力であるとも言えますので、様々な場面に一喜一憂したり、あまり囚われたりすることなく、全ての場面を面白いと感じながら、全てを喜びに変える創造を行っていくことが大切になります。

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS