日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

2017年5月のアーカイブ

3 Entries

リップルのブリッジ通貨XRPは、世界で最も安全な資産保全先の一つとなる

clouds-1117584_640.jpg
 リップルのブリッジ通貨XRPは、世界で最も安全な資産保全先の一つとなります。

 将来的に、何かの有事の時には、リップルのブリッジ通貨XRPの存在価値がますます高まり、多くの逃避マネーが流入して来ることにもなるでしょう。

 何故なら、リップルのブリッジ通貨XRPは、いずれドルに代わって世界の基軸通貨となるお金(マネー)だからです。

『リップルのブリッジ通貨XRPこそが、ドルに代わる世界の基軸通貨となるお金(マネー)』、こちらの記事の中でも書きましたが、リップルのブリッジ通貨XRPは、いずれドルに代わって世界の基軸通貨となるお金(マネー)なので、将来的に、何か有事の時には、逃避マネーの流入先の一つにもなるのです。

「有事の金」という言葉がありますが、将来的には、「有事のXRP」という流れもできることになるでしょう。

 では、なぜ「有事の金」ということが言われてきたのでしょうか?
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 それは、金の埋蔵量には限りがあるため、時代が変化しても、金の価値は失われないからです。

 そして、ひと昔前までは金本位制によって、金(ゴールド)が紙幣の裏付けとなっていたように、お金(マネー)のベースにもなっているものだからなのです。

 このため、世界で戦争や天変地異、あるいはリーマンショックのような経済危機など、何かの有事があった際には、お金(マネー)の逃避先の一つとして、金(ゴールド)に資金が流入してきました。

 もちろん、世界の基軸通貨であるドルにも流入してきましたので、「有事のドル」という面もありました。

 しかし、これから、紙幣の時代からデジタルマネーの時代へと移行していきますので、デジタルマネーの時代の世界の基軸通貨となるリップルのブリッジ通貨XRPにも、何かの有事の際には、逃避マネーが流入してくることになります。

 これは、リップルのブリッジ通貨XRPだけではなく、ビットコイン(BTC)なども含めた、世界で信用される仮想通貨(暗号通貨)にも言える要素なのです。

 何故なら、常に偽造・偽札の問題が付きまとい、刷れば刷るほど紙幣の価値が下がってインフレにもなるペーパーマネーよりは、ブロックチェーンや分散型台帳と呼ばれる確かなテクノロジーに基づいて数学的に価値が証明され、しかも発行枚数に限りがあるデジタルマネーの方が信頼される時代が到来するからです。

 リップルのブリッジ通貨XRPの総発行枚数は1000億XRP、ビットコイン(BTC)の総発行枚数は2100万枚というように発行枚数に限りがあるため、一旦その価値が認められて価格が大きく上昇した仮想通貨(暗号通貨)は、もはや初期の頃の価格帯には戻ることはないからです。

 ペーパーマネーの時代における世界の基軸通貨である、ドル紙幣に対する信頼は、今後どんどん薄らいでいくことになります。

 しかし、それに代わって、デジタルマネーの時代における世界の基軸通貨となる、リップルのブリッジ通貨XRPに対する信頼は、今後ますます高まっていくことになるのです。

『たとえアメリカが国家破綻(デフォルト)したとしても、インターネットはなくならない』とも言われるように、アメリカが国家破綻(デフォルト)する可能性よりは、地球上からインターネットがなくなる可能性の方が低いと言えます。

新著『リップルとブリッジ通貨XRPが「価値のインターネット」でフィンテック革命の主役となる!』の中でも書きましたが、地球上からインターネットがなくならない限り、リップルのブリッジ通貨XRPもなくなることはないのです。

 この世からインターネットがなくならない限りは、リップルのブリッジ通貨XRPは、地球上で最も安全な資産の保全先の一つとなります。

 もし仮に、アメリカや日本という国が国家破綻(デフォルト)する事態になれば、ドルや円というペーパーマネーは紙切れとなってしまいます。

 また、国家破綻(デフォルト)しないまでも、国の経営が苦しくなり、預金封鎖が行われるという可能性もゼロではありません。

 また、預金封鎖されなくても、インフレによって紙幣というお金(マネー)の価値が目減りしていくリスクもあります。

 アメリカや日本という国家によって発行される、ドルや円というペーパーマネーは、最悪の場合、国家破綻(デフォルト)によって紙切れとなるリスクがあり、そうならないまでも、預金封鎖によって引き出せなくなるリスクもあります。

 しかし、インターネットという、国家を超えた人類共有のインフラ上に存在している、信頼性の高い仮想通貨(暗号通貨)は、国家破綻(デフォルト)や預金封鎖の影響を免れることが出来るのです。

 以前、ビットコイン(BTC)の価格が大きく値上がりするきっかけの一つとなったのが、数年前に起きたキプロスの経済危機だとも言われています。

 数年前にキプロスで経済危機が起き、預金封鎖が行われたために、お金(マネー)がビットコイン(BTC)に逃避してきて、価格が大幅に上昇するきっかけの一つとなったとも言われているようです。

      ☆     ☆      ☆      ☆      ☆

 リップルのブリッジ通貨XRPは、地球上で最も安全な資産保全先の一つであるということを、ぜひ、覚えておいて下さい。

 今後、世界で戦争や天変地異、あるいは経済危機など、何かの有事があった時には、リップルのブリッジ通貨XRPは「有事のXRP」として、ますます存在価値を高めていくことになるでしょう。

 長期的な観点に立って、リップルのブリッジ通貨XRPを保有することは、最も有益な投資の一つであると共に、最も有益な資産保全の一つでもあるのです。

 これからの激動の時代を生き抜いていく上においても、さらにはまた、より良い社会の実現に向けて御自分の活動基盤を築いていく上においても、リップルのブリッジ通貨XRPは、将来、あなたを大いに助けてくれることになるでしょう。



リップルの将来性・可能性に世界が気づき始め、価格がわずか1か月半で20倍以上に上昇!

 リップルの将来性・可能性に世界の人々が気づき始めているようで、わずか1カ月半ほどの間に、価格が20倍以上に上昇しています。

 リップルは、今年の3月下旬頃までは、過去1年以上に亘って、価格が1円未満でしたが、3月下旬から急上昇を始め、5月5日には、10円の大台を超えて来ました。

 さらには、その後3日間でさらに2倍以上になり、20円台に入って来ています。

 わずか1か月半程の間に、20倍以上に値上がりしている訳であり、リップルが持つ将来性・可能性に、世界の人々が気づき始めているような感じです。

 今、リップルの電子決済サービスで使われる仮想通貨(暗号通貨)XRPを求める人たちが急に増えて来ているようです。

 リップルのブリッジ通貨XRPは、いずれドルに代わって世界の基軸通貨となるお金(マネー)なのです。

 将来的には、ドルや円よりも価値の高いお金(マネー)になり、世界の基軸通貨となるものなのです。

 XRPの価格も、いずれは、ドルと同じ位の価格、即ち、1XRP=1ドル位の価値にはなる筈であり、日本円にして、少なくとも1XRP=100円位にはなるものなのです。

 リップルの電子決済サービスで使われる仮想通貨(暗号通貨)XRPというのは、通貨と通貨の"橋渡し役"をするための"ブリッジ通貨"であり"ハブ通貨"であるという点を、しっかりと認識する必要があるかと思います。

 リップルのブリッジ通貨XRPというのは、いわば、"通貨のための通貨"なので、将来的には、インターネットの世界において、基軸通貨の役割を果たすことになるのです。

 リップルが目指す「価値のインターネット」には、本当にすごいインパクト(衝撃)が秘められていると思います。

 リップルが目指す「価値のインターネット」というのは、インターネットという技術革新(イノベーション)と同等、もしくはそれ以上に大きなインパクト(衝撃)を持ったものだと思います。

 私たちは、インターネットという"情報"革命によって、"情報"というものを、世界中へ瞬時に無料で送信することが出来るようになりました。

 電子メールを送信したり、PDFファイルや画像・音声・動画などの"情報"というものを、世界中へ自由に送信出来る時代を迎えた訳です。

 そして、今度は、リップルが目指す「価値のインターネット」によって、お金(マネー)などの"価値"というものを、わずか数秒の瞬時にほとんど無料に近いコストで世界中へ送信出来る時代を迎えようとしているのです。

 お金(マネー)などの"価値"というものを運ぶための"乗り物"となるのが、リップルの電子決済サービスで使われるブリッジ通貨XRPなのです。

 リップルのシステムが世界中に普及して行った時、リップルのブリッジ通貨XRPは、ドルに代わって世界の基軸通貨となるのです。

 リップルのブリッジ通貨XRPを保有することは、長期的に見た場合、あなたを大いに助けてくれることになるでしょう。

 これからの激動の時代を生き抜いていく上においても、さらにはまた、より良い社会の実現に向けて何かの活動をされる上においても、リップルのブリッジ通貨XRPを上手に活用していかれることをお勧め致します。


リップルのブリッジ通貨XRPこそが、ドルに代わる世界の基軸通貨となるお金(マネー)

 リップルのブリッジ通貨XRPこそが、いずれドルに代わって世界の基軸通貨となるお金(マネー)であることを理解することが大切です。

 新著『リップルとブリッジ通貨XRPが「価値のインターネット」でフィンテック革命の主役となる!』のサブタイトルにも書きましたが、「ドルに代わる世界の基軸通貨はリップルのブリッジ通貨XRP」なのです。

 リップルのことを、仮想通貨(暗号通貨)の中の代表的なものの一つであると認識している方も多いかも知れませんが、リップルの電子決済サービスで使われるデジタルマネーであるXRPは、通貨と通貨の"橋渡し役"をする"ブリッジ通貨"になります。

 ドルや円・ユーロなどの通貨同士の"ハブ"となるものなので、"ハブ通貨"とも呼べるものなのです。

benefit.png            <出典:XRPポータル>

 この点が、リップルのブリッジ通貨XRPが、数千種類あるとも言われている他の仮想通貨(暗号通貨)とは大きく異なる点なのです。

 そして、これからリップルのシステムが、世界中で使用されるに従い、いずれは、ドルに代わって世界の基軸通貨の役割を果たすことになります。

 既にアメリカにおいては、昨年の2016年6月14日、リップルの電子決済サービスで使われるブリッジ通貨XRPを、ドルと並ぶ通貨として認定しているのです。

 リップル社(Ripple Inc.)は2016年6月14日、ニューヨーク州における仮想通貨ライセンスである「Bit License」を取得し、機関投資家を対象としたデジタル資産として初の認定を受けています。

 ニューヨーク州というのは、言わずと知れた、世界の金融の中心地であるウォール街がある場所になります。

 世界の金融の中心地であるニューヨーク州が認めたということは、アメリカ合衆国が認めたと言うに等しく、いずれは、世界中が認めるところとなるでしょう。

 リップルが目指す「価値のインターネット」に向けて、既に世界は動き始めているのです。



最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS