日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

エロヒムの不死の惑星――仏陀の「極楽浄土」、キリストの「天の王国」

拙書『大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム』より
★不死の惑星――仏陀の「極楽浄土」、キリストの「天の王国」

meditation-697880_1920.jpg
 エロヒムは、今の地球よりも25000年も進んだ科学を持っており、非常に高度な文明を持っています。
 今の地球の科学では、光速よりも速いものは存在しないと考えられていますが、エロヒムは、光速の7倍の速さで宇宙空間を移動出来る科学を持っています。
 仏陀やイエス・キリストは、かつて、エロヒムの不死の惑星に連れて行かれて、様々なトレーニングを受けてから、人類を導く為の偉大なメッセンジャーとしての活動を開始しています。

 仏陀は、菩提樹の下で49日間瞑想をして「悟り」を開いたと言われていますが、実は、その間、エロヒムの惑星に連れて行かれて、様々な奥義を伝授されています。
 仏陀が得た「悟り」というのは、実は、エロヒムの惑星で伝授された奥義だったのです。
 そして、イエス・キリストがパプテスマのヨハネから洗礼を受けた時、天が開けて「神の霊」が鳩のようにイエスの上に降りて来て、「霊」に導かれて40日間荒野をさまよい、サタンに試されたと言われています。
「神の霊」と表現されているのは、エロヒムの宇宙船のことであり、実はこの時、イエス・キリストはエロヒムの惑星に連れて行かれて、彼の言葉で言う「天国の奥義」を伝授されてから、サタンに誘惑され、試みを受けています。

 イエス・キリストがサタンに誘惑されて試された話は有名ですが、仏陀もまた、「悟り」を開く時、悪魔マーラから誘惑されて試みを受けたとされています。
 仏陀もキリストも、エロヒムの惑星で奥義を伝授される時、サタンから誘惑されて、メッセンジャーとしての資質を試されていたのです。
 仏陀もキリストも、エロヒムが人類に遣わした偉大なメッセンジャーであり、エロヒムの惑星で奥義を伝授され、サタンのテストを受けてから、本格的な活動を開始しています。

 その時に連れてこられた、エロヒムの不死の惑星のことを、仏陀は「極楽浄土」と呼び、イエス・キリストは「天の王国」と呼んだのですが、エロヒムの不死の惑星とは、まさに「極楽浄土」であり、「天の王国」と呼ぶにふさわしいものです。
 エロヒムの惑星では、高度な科学によって、まさに楽園のような世界が実現しています。

 貨幣というものが存在していない為、人々は、お金(マネー)を得る為に労働するという必要がありません。
 一人につき平均10台もの生物ロボットを持っていますので、ほとんどのことは生物ロボットがやってくれます。
 全ての人に、必要なものは全て与えられており、貨幣というものが存在しないので、人々は、お金(マネー)を得る為に何かをしなければいけないということはなく、完全に、自分のしたいことだけをすることが出来ます。
 人々がするのは知的な労働のみであり、本人がそれを望むからなのです。
 芸術でもスポーツでも何でも、自分の好きなことだけをすることが出来、自分を開花させることに専念することが出来るのです。
 そして、子供たちは成年に達した時に一度だけ、寿命を750歳以上に延ばす為の、ちょっとした外科手術を受け、ほとんど若いままで、750歳から1200歳位まで生きられるようになります。

 つまり、エロヒムの惑星では、人々は皆、若いままの肉体を維持して何百年も生きることが出来、その間、お金(マネー)を得る為に何かをしなければいけないということも一切無く、自分のやりたいことだけをやって、自己を開花させることに専念して生きることが出来るのです。
 警察も無ければ刑務所も無く、誰もが平和で自由で豊かに、喜びに満ちた人生を満喫することが出来る、まさに楽園のような世界なのです。

 そして、科学の力により、不死の生命、永遠の生命も可能になっていますので、不死の資格があると認定されれば、不死の生命、永遠の生命を得ることが出来ます。
 高度なクローン技術により、体の一部の細胞を採取して保存しておけば、その時と同じ肉体全体を再生することが可能なのです。
 脳と肉体の働きが最高の状態の時に、体の一部の細胞を採取して保存しておき、肉体が滅んだ時、保存しておいた細胞から生命体全体を再生し、記憶などの脳の情報を転送してインプットすることで、生命を再び蘇らせることが可能になります。
 肉体が滅ぶ度にこれを繰り返すことで生命は引き継がれ、永遠の生命が可能になりますので、不死の生命、永遠の生命とは、実際には、科学的なことなのです。

 エロヒムの惑星では、科学者や芸術家など、人々に対して多大な貢献をした人たちの中で、不死の資格ありと認定された人たちには、不死の特権が与えられ、永遠の生命が与えられます。
 不死の人々によって構成されている、不死会議の議長がヤーウェなのであり、エロヒムの惑星のリーダーなのです。

 仏陀もイエス・キリストも、エロヒムの不死の惑星に連れて行かれて、奥義を伝授された時、この不死の秘密も教えられており、地球に戻ってからメッセンジャーとしての使命を終えて死んだ後は、この不死の惑星で再生されて、永遠の生命を与えられることを約束されたのです。
 仏陀には、「私はアムリタ(不死)を得た」という言葉があるようですし、キリストも、十字架に架けられて亡くなった後に、すぐに再生されて3日後に復活することを知っていました。
 そして、終末の時には再臨することを告げています。

 仏陀もイエス・キリストも、地上でのメッセンジャーとしての使命を果たして肉体が滅んだ後は、エロヒムの不死の惑星で再生されて、不死、永遠の生命を得ています。
 仏陀もイエス・キリストも、地上での役割を終えて亡くなった後、エロヒムの不死の惑星で今日まで生き続けており、近い将来、私たち人類が黄金時代の扉を開いた時には、ヤーウェたちと共に、宇宙船に乗って地球にやって来るのです。
 聖書では、宇宙船は「雲」とか、「主の栄光」「神の霊」などと表現されていますが、何千年も前の古代の人々には、そのようにしか表現することは出来ませんでした。
 今、真実が啓示される時代、アポカリプス(黙示録)の時代を迎え、科学の力で全てが理解可能になった現代の私たちには、そのことが理解出来るのです。


     ☆    ☆     ☆     ☆     ☆

拙書『大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム』より


参考文献
ラエル『真実を告げる書』 無限堂
ラエル『地球人は科学的に創造された』 無限堂


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS