日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

『朱に交われば赤くなる』と言われるように、ミラーニューロンによって脳が"鏡"を見る如く影響を受けている

baby-164897_640.jpg

 昔からのことわざに、『朱に交われば赤くなる』という言葉がありますね。

 そしてまた、『類は友を呼ぶ』という言葉もあります。

 これらの言葉には、深い叡智が隠されているように思います。

 何故だと思いますか?
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 何故なら、あなたが付き合う人によって、あなたの脳が無意識の内に影響を受けているからなのです!

 このことは、近年、科学的にも解明されてきているようです。

 その1つのヒントになるのが、ミラーニューロンの存在です。

 ミラーニューロンとは、何でしょう?
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 ミラーニューロンは、イタリアにあるパルマ大学のジャコ―モ・リッツオラッティらによって、1996年に発見された神経細胞のことになります。

 ミラーニューロンについて、ウィキペディアから引用して、簡単に説明しておきたいと思います。


ミラーニューロンとは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。
他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられた。(ウィキペディアより)


 ミラーニューロンは、別名「物まね細胞」と呼ばれることもありますが、要するに、あたかも"鏡"を見ているかのように、他の個体の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応する神経細胞のことになります。

 ミラーニューロンの発見には、サルの脳が実験に使われており、人間の脳内にミラーニューロンが存在するという確証はまだ無いようです。

 しかし、ミラーニューロンは、神経科学における20世紀末から21世紀初頭にかけての10年においては非常に重要な発見の1つであると考える研究者も存在するようです。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 要するに、あなたの目の前にいる人が、泣いて悲しんでいるのを見ていると、ミラーニューロンによって、あたかも、あなた自身が泣いて悲しんでいるように感じるということなのです。

 その反対に、あなたの目の前にいる人が、明るく元気に喜びを感じて楽しそうにしていると、ミラーニューロンによって、あたかも、あなた自身が、明るく元気に喜びを感じて楽しそうにしているように感じるということなのです。

 人は皆、ミラーニューロンによって、あたかも"鏡"を見ているかのように無意識の内に、付き合う人から影響を受けているということなのですね。

 ですから、昔からのことわざにもあるように、『朱に交われば赤くなる』のです。

 あなたが、明るく元気で積極的な人と付き合えば、その影響を無意識に受けて、あなた自身も、明るく元気で積極的になるのです!

 その反対に、あなたが、暗くて陰気で消極的な人と付き合えば、その影響を無意識に受けてしまうので、あなた自身も、暗くて陰気で消極的な人間になってしまうということなのですね。

 ミラーニューロンの存在というのは、ある意味において、恐ろしいものがありますね。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 ですから、答えは簡単です!

 もしもあなたが、明るく元気で積極的になりたいのであれば、明るく元気で積極的な人と付き合えば良いということになります。

 明るく元気で積極的な人と一緒にいると、ミラーニューロンが影響を受けるので、あなたは無意識の内に、明るく元気で積極的になるのです!

 その反対に、もしもあなたが、暗くて陰気で消極的な人と一緒にいると、ミラーニューロンが影響を受けてしまうので、あなた自身も無意識の内に、暗くて陰気で消極的になってしまうのです!

 さらに言うと、もしもあなたが、ツキが欲しくて、ツイてる人になりたいのであれば、ツイてる人と付き合えば良いということにもなります。

 運が良くなりたいのであれば、運が良い人と付き合えば良いということになります!

 その反対に、ツキが無い人、ツイていない人、運が良くない人とは付き合わない方が良いということにもなりますね。

 そして、『類は友を呼ぶ』のです。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 明るく元気で積極的な人の周りには、似たような人たちが集まって来て、明るく元気で積極的な人たちの輪が広がって行きます。

 それとは反対に、暗くて陰気で消極的な人の周りにも、同じように、似たような人たちが集まって来て、暗くて陰気で消極的な人たちの輪が広がって行くのです。

 昔からのことわざにある『朱に交われば赤くなる』、そして『類は友を呼ぶ』という言葉は含蓄が深い言葉だと思います。

 ミラーニューロンによって、脳は無意識の内に、付き合う人からの影響を受けています。

 その影響は、無意識に受けているものなので、ある意味においては、恐ろしいものだと言えるかも知れません。

 ですから、出来るだけあなたが理想とする人たちとだけ付き合うことが大切になります!

 その反対に、あなたが理想としない人たちとはなるべく付き合わない方が良いということにもなりますね。


Comments : [8]

大和富士: 2017年2月12日 22:06

とも さんへ

この大宇宙に本当に実在しているのは、大宇宙意識とも言うべき、一つの「純粋意識」だけなのです。

このことは、知識や学問などによっては知る由もなく、ある種の「神我一如」、あるいは「梵我一如」とでも言うべき体験が必要になります。

この大宇宙の本質というものを体験的に知ることが出来ると、この大宇宙には、大宇宙意識とも言うべきたった一つの存在しか実在していないことが理屈ではなく理解出来るようになります。

大宇宙意識とは、唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の「無限」の「想像力=創造力(そうぞうりょく)」を持った「純粋意識」なのです。

大宇宙意識という「純粋意識」こそが、大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主なのです。

ただ、「神我一如」、あるいは「梵我一如」とでも言うべき体験を知らなくても、私達人間一人ひとりの意識の一番奥深くには、大宇宙意識が内在していますので、私達は皆、意識の一番奥深くでは、そのことを知っているのです。

とも: 2017年2月12日 09:57

有り難うございます。
本読ませていただいたのですが、
大宇宙が唯一の存在であるということが
本には繰り返し書かれていますが、
「なぜそう言いきれるのか」が
分かりませんでした。
この点についてはどうでしょうか。

大和富士: 2017年2月11日 10:37

とも さんへ

大宇宙の森羅万象の全ては、大宇宙の根本主体であり、全知全能の存在である大宇宙意識の見えざる意図(=糸(いと))で動いています。

見えざる意図(=糸(いと))とは、根源的エネルギー、あるいは根本法則ということでもあります。

私たち人間の思考・感情・行動の全ても、全知全能の大宇宙意識が持つ根源的エネルギーが司っています。

大宇宙に生かされている存在であり、自分の力だけでは一呼吸すら出来ない存在にしか過ぎない私たち人間には、真の意味において自由意志というものは存在していないのです。

詳しくは、拙書『何故、未来は100パーセント確定しているのか』をよくお読みいただければ幸いです。


とも: 2017年2月11日 00:47

もしかして、意図と糸は同じものですか?

大和富士: 2017年2月10日 18:25

とも さんへ

人間に自由意志があるという考え方には、人間は大宇宙に生かされている存在であるという視点が欠けています。

私達人間一人ひとりは、大宇宙によって一呼吸一呼吸生かされているからこそ、何かを考えたり行動したりできる訳です。

自分の思考・感情・行動の全ては、自分を生かしている大宇宙意識の見えざる意図(=糸(いと))によって、コントロールされています。

大宇宙の森羅万象の全ては、大宇宙意識が持つ根源的エネルギーによって動いていますので、真の意味において、私達人間には自由意志というものは存在していません。

とも: 2017年2月 9日 22:41

果たして人間には本当に自由意思がないのかどうか
話し合っている番組をyoutubeで見たのですが
例えば、信号が緑に変わったら道路を渡る、など
深く考えなくても決められる事柄を決めるときと、
深く考えなければ答えを出せない事柄を決めるときに
使う脳の部分はそれぞれ違うことが分かったらしく、
よって、自由意思がない、ということを簡単に言い
きれるほど思考は簡単なものではないと言ってました。
人生が全部決まっていて何を考え決めるのかも
決まっているのなら、もっと脳はシンプルでも
いいと思います。本当に自分では考えてないのでしょうか?
何秒か前には脳は決めている、という説がありますが
難しいことを決断するときの実験は行われてるの
でしょうか。
どう思いますか?

大和富士: 2017年2月 7日 09:53

かめさんへ

「桃」と「百」が、同じ読みで「モモ」と呼びます。

どちらも、「神」を表す言葉でもあります。

詳しくは、私のブログや書籍『永遠(とわ)の中今』などをご参照下さい。

かめ: 2017年2月 7日 05:14

桃と十

同じヨミをするのは?

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS