日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

自分の人生の真の創造主は自分自身なので、人のせい、社会のせいなど存在しない

拙書『魂の夢、光り輝く魂』より
★人のせい、社会のせいなど存在しない

meditation-1018837_640.jpg

 自分の人生の主体者・創造者は、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、本源の我、真我である我が魂です。
 我が魂が、光り輝く魂になる事を求めて、魂の更なる輝きを求めて、魂の進化の為に、全ての出来事を「想像=創造(そうぞう)」しています。
 そして、全ての出来事は、魂の進化にとって最善の出来事の連続でしかありません。

 ただ、その事が、肉体の自我意識(表面意識)では、分からないだけなのです。
 例え、肉体の自我意識(表面意識)では分からなくても、自分の現実の全ては、本当の自分自身が創造したものなので、誰のせいでもなく、人のせい、社会のせいなど存在しません。

 自分の人生の全ては、親のせいでもなければ人のせいでもなく、会社のせいでもなければ社会のせいでもなく、ましてや、天の神仏や、霊、カルマのせいでもありません。

 自分に起きた出来事を、霊やカルマのせいにするのは、制限された創造の一つです。
 自分の現実の全ては、本当の自分自身が創造しているのだという事が分からずに、霊やカルマのせいにして理解しようとする段階の意識なのです。
 そのような意識から抜ける事が大切です。

 自分の人生の主体者・創造者は、本源の我、真我である我が魂であり、我が魂というのは、大宇宙意識の分霊(わけみたま)です。
 唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の存在である大宇宙意識の分霊として、大宇宙に無数に存在する「支店=視点(してん)」の中の一つを受け持って、ある一つの角度・視点から大宇宙を映し出し、大宇宙を体験して味わっている存在なので、自分の現実の全ては、我が魂が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 自分の人生の真の創造主は、他ならぬ自分自身なのです。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
拙書『魂の夢、光り輝く魂』より


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS