日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

魂の基本プログラムによって、死に至るまでの全てがプログラムされている

 昨日、『真我である魂の基本プログラムによって人生が導かれている』の中にも書きましたが、自分の人生の主体者・創造者は、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、本源の我、真我である魂なので、自分の人生には、生まれる前に魂が決めてきた基本プログラムが入っています。

 そして、真我である魂の基本プログラムによって人生が導かれていますので、死に至るまでの全ては、既にプログラムされています。
 真我である魂は、死に至るまでの自分の人生を、既に知り尽くしているのです。

 真我である魂の関心事は、魂の進化ということであり、光り輝く魂になるということなので、自分の人生の全ては、魂の進化というプログラムによって、既に死に至るまでの全てがプログラムされています。
 私たちの人生とは、魂の進化というプログラム上にしか存在していないのです。

 私たちの人生を導いているのは、真我である魂の基本プログラムなのです。
 自分が、仕事であれ、趣味であれ、恋愛であれ、何かに夢中になったり、あるいは時には、何もする気が起きなかったりするのは、全ては魂の基本プログラムなので、その時は、その状態がベストということなのです。

 というよりも、魂が決めてきた基本プログラム以外の心にはならないからです。
 自分であれこれと考えたり、損得勘定をしてみたり、人の意見や本に書かれていることなどを参考にしてみたりしても、魂の基本プログラム以外の心にはならないので、最終的には、必ず、魂が決めてきたプログラム通りの選択をすることになります。

 そして、瞬間瞬間に自分が選択した全ては、魂の進化にとって最善の選択なので、決して自分自身にとって悪いようにはなっていないのです。

 私たちの人生は、魂の進化というプログラム上にしか存在していませんので、真我である魂から見れば、全ては最善の選択なのです。

 例えその時、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)では分からなくても、真我である魂は、鳥瞰図という言葉があるように、大所・高所から自分の人生の全てを「想像=創造(そうぞう)」していますので、決して悪いようにはなっていないのです。

 自分の人生には、真我である魂が、生まれる前に決めてきた基本プログラムが入っており、死に至るまでの全ては、生まれる前から既にプログラムされています。

 自分の人生の全ては、生まれる前から100パーセント決まっているのです。
 何故なら、真我である魂とは、大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識の分霊(わけみたま)なので、真我である魂の決めてきた基本プログラムとは、即ち、大宇宙意識が決めた基本プログラムであり、大宇宙の計画の一部でもあるからです。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS