日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

真我である魂の基本プログラムによって人生が導かれている

 自分の人生の主体者・創造者は、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、本源の我、真我である魂です。
 自分の人生には、真我である魂が決めた基本プログラムが入っていますので、必ず、魂が決めた基本プログラム通りに導かれていきます。

 多くの人たちは、自分の頭であれこれ考えて、人生の選択をしていると思っていますが、肉体の自我意識(表面意識・顕在意識)というのは、意識の一番浅い部分なので、実際には、意識の深い部分にある、真我である魂が、全ての選択を行っています。

 生まれる前に魂が決めてきたプログラム通りに、全ての選択を行っているのです。
 ですから、例え、頭で、あれこれと損得勘定をしてみたり、あれこれ考えても、最終的には、必ず、魂が決めてきた基本プログラム通りの選択をすることになります。

 魂が決めてきた基本プログラム以外の心には、ならないからです。
 ですから、頭でどんなに損得勘定で、いま会社を辞めないほうが得だと自分に言い聞かせてみても、会社を辞めたい時には、やっぱり、それ以外の心にはならないので、最終的には、会社を去ることになります。

 それが良いとか悪いとかではなく、その時は、その会社とのご縁がもう必要ではなくなる時だというだけのことです。
 そして、次なる場面が必ずあるということです。
 それがどのような場面になるのかは、なってみなければ分かりませんが・・・。

 仕事に夢中になっている時は、誰に何を言われようとも、がむしゃらに突っ走ったりしますし、あるいはまた、何もする気が起きない時には、誰に何を言われようとも、何もする気にはなれません。
 誰かを好きになった時には、他のことが眼中に無くなったりしますし、また時には、異性のことに何も興味が湧かない時期もあったりします。

 自分の人生には、真我である魂が決めてきた基本プログラムが入っていますので、それ以外の心にはならないのです。
 何かに夢中になる時には何かに夢中になりますし、何もする気が起きない時には、何もする気にはなれません。

 それらの全ては、自分自身の中に入っている魂の基本プログラムなので、良いとか悪いとかではなく、それ以外の心にはならないというだけのことなのです。

 そして、自分の人生の主体者・創造者であり、真我である魂というのも、大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識の分霊(わけみたま)として、大宇宙における一つの「支店=視点(してん)」としての役割として存在しているだけなので、真我である魂が決めてきた基本プログラムとは、即ち、大宇宙意識の決めた基本プログラムであり、大宇宙の計画なのです。


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS