日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

日本三霊山が山開きの日の7月1日、立山の山開きに登拝して来ました。

CIMG0482.JPG      日本三霊山・立山の雄山頂上に鎮座する雄山神社峰本社

 昨日の7月1日、日本三霊山(富士山・立山・白山)の山開きが執り行われました。

 私は、昨日の7月1日、立山の山開きに合わせて立山に登拝して来ました。

 まだ梅雨の時期とも思えないような好天に恵まれ、日本三霊山に数えられる立山の雄大な大自然・偉容を堪能して参りました。

 日本三霊山に数えられる立山は、大宝元年(701年)、越中国司・佐伯有若の嫡子である佐伯有頼によって開山されたと伝えられています。

 立山をお守りされている雄山神社は越中国一宮であり、立山町にある前立社壇と中宮祈願殿、そして立山の雄山頂上に鎮座する峰本社の三社から成り立っています。

 雄山神社の御祭神は、伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)と天手力雄大神(アメノタジカラオノオオカミ)です。

 日本三霊山に数えられる立山は、一つの峰ではなく、雄山・大汝山・富士ノ折立の三つの峰を総称して立山と呼ばれています。

 日本三霊山に数えられる立山(向かって右から雄山・大汝山・富士ノ折立)
CIMG0452.JPG


《神界のプログラムのことを神計り(神図り)、あるいは神の経綸と呼びます》

 神界のプログラムのことを、神計り(神図り)、あるいは神の経綸と呼びます。

 神界のプログラムは変更など出来ませんし、また、変更する必要もありません。

 全ては神界のプログラム通りに万事が予定通りに進行しています。

 そして、この21世紀において、私たち人類の意識が飛躍的進化を遂げ、さなぎから蝶へと生まれ変わり、新たな地球が誕生することは、元々、神界のプログラムにあった計画なのです。

 東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本から、次世代の地球の新しい精神文明『花咲く都・黄金文明』が花開き、地球は黄金時代を迎えます。

 これは、太古の昔から決められていた神界のプログラムであり、全ては予測されていました。

 神界のプログラムは変更など出来ませんし、また、変更する必要もありません。

 全ては神界のプログラム通りに万事が順調に進行して来ています。

 この21世紀において、私たち人類が黄金時代を迎えることは、元々決められていたプログラムなのです。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
 ここでちょっと、映画を例にとって話を進めてみたいと思います。

 映画には様々な映画がありますが、最後の結末がハッピーエンドで終わるストーリーも多いかと思います。

 そして、当たり前と言えば当たり前のことなのですが、ラストシーンがハッピーエンドで終わる映画は、例え途中でどんなにハラハラドキドキしたとしても、必ず最後はハッピーエンドで終わることになります。

 何故なら、映画監督が、元々映画の結末のハッピーエンドに合わせて映画全体のストーリーを組み立てて制作しているからなのです。

 恋愛ものであろうと、アドベンチャーものであろうと、サスペンスものであろうと、その映画の結末がハッピーエンドで終わるように制作されている映画は、必ずや最後はハッピーエンドで終わります。

 ところが、映画館やDVDなどで初めてその映画を観ている私たち観客の方では、映画の結末が分からないので、ハラハラドキドキしながら、ストーリーを追っているということになります。

 映画を例にとって少し説明を試みてみましたが、何となくイメージ出来たでしょうか?
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
「花咲く都・黄金文明」がこの21世紀において成就する》

 神界のプログラムのことを、神計り(神図り)、あるいは神の経綸と呼びます。

 神界のプログラムは変更など出来ませんし、また、変更する必要もありません。

 全ては神界のプログラム通りに万事が予定通りに進行しています。

 そして、この21世紀において、私たち人類の意識が飛躍的進化を遂げ、さなぎから蝶へと生まれ変わり、新たな地球が誕生することは、元々、神界のプログラムにあった計画なのです。

 東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本から、次世代の地球の新しい精神文明『花咲く都・黄金文明』が花開き、地球は黄金時代を迎えます。

 この21世紀において、次世代の地球の新しい精神文明『花咲く都・黄金文明』が日本から花開き、地球が黄金時代を迎えるための一つの大きな布石が、今から約3000年前に神界のプログラムとして発動しています。

 これを、「神武三千年の神計り」と言います。

「神武三千年の神計り」を成就させるための大きな動き・エネルギーが、4年後の2022年7月1日に発動することになるでしょう。

 そして、そこからの十数年間が、私たち日本人の遺伝子が目覚め、蘇り、花開く時なのです。

 西暦2030年代のいずれかの時期に、東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本から、次世代の地球の新しい精神文明『花咲く都・黄金文明』が花開き、地球は黄金時代を迎えることになります。

 とても楽しみですね!

 私たちは今、稀有の時代を生きているのです。

 新しい時代に向けて、私たち一人ひとりが「個の花」を咲かせ、自分に出来る役割を演じながら、共に歩みを深めていくことが大切になります。


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS