日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

リップルのブリッジ通貨XRPこそが、ドルに代わる世界の基軸通貨となるお金(マネー)

 リップルのブリッジ通貨XRPこそが、いずれドルに代わって世界の基軸通貨となるお金(マネー)であることを理解することが大切です。

 新著『リップルとブリッジ通貨XRPが「価値のインターネット」でフィンテック革命の主役となる!』のサブタイトルにも書きましたが、「ドルに代わる世界の基軸通貨はリップルのブリッジ通貨XRP」なのです。

 リップルのことを、仮想通貨(暗号通貨)の中の代表的なものの一つであると認識している方も多いかも知れませんが、リップルの電子決済サービスで使われるデジタルマネーであるXRPは、通貨と通貨の"橋渡し役"をする"ブリッジ通貨"になります。

 ドルや円・ユーロなどの通貨同士の"ハブ"となるものなので、"ハブ通貨"とも呼べるものなのです。

benefit.png            <出典:XRPポータル>

 この点が、リップルのブリッジ通貨XRPが、数千種類あるとも言われている他の仮想通貨(暗号通貨)とは大きく異なる点なのです。

 そして、これからリップルのシステムが、世界中で使用されるに従い、いずれは、ドルに代わって世界の基軸通貨の役割を果たすことになります。

 既にアメリカにおいては、昨年の2016年6月14日、リップルの電子決済サービスで使われるブリッジ通貨XRPを、ドルと並ぶ通貨として認定しているのです。

 リップル社(Ripple Inc.)は2016年6月14日、ニューヨーク州における仮想通貨ライセンスである「Bit License」を取得し、機関投資家を対象としたデジタル資産として初の認定を受けています。

 ニューヨーク州というのは、言わずと知れた、世界の金融の中心地であるウォール街がある場所になります。

 世界の金融の中心地であるニューヨーク州が認めたということは、アメリカ合衆国が認めたと言うに等しく、いずれは、世界中が認めるところとなるでしょう。

 リップルが目指す「価値のインターネット」に向けて、既に世界は動き始めているのです。



Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS