日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

大宇宙意識の全知全能の光が織り成す3Dホログラムの世界

 物理的大宇宙とは、大宇宙意識の全知全能の光が織り成す3Dホログラムのような世界です。

 私たちが見ている、この物理的大宇宙とは、大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である、大宇宙意識の全知全能の光によって織り成される、3Dホログラムのような世界なのです。

 3Dホログラムという言葉に、あまり馴染みの無い方もおられるかと思います。
 簡単に言うと、3Dホログラムとは、ホログラフィーという技術によって映し出される三次元(3D)の光の映像になります。

 ホログラフィーは、3次元像を記録した写真(ホログラム)の製造技術のことであり、情報の記録にも利用することができるとのことです。
 ホログラフィーは、1947年にハンガリーの物理学者ガーボル・デーネシュによって発明されたとのことで、ガーボル・デーネシュは1971年にノーベル物理学賞を受賞したとのことです。

 言葉で説明するよりも、「百聞は一見に如かず」で、見てみるのが一番です。
 電脳アイドル・初音ミクの3Dホログラムです。

 この大宇宙は、大宇宙の実相(本質)の世界である絶対世界と、大宇宙の仮相(仮の姿)である相対世界(物理的大宇宙)から成り立っています。

 絶対世界とは、時間も無ければ空間も無く、時空を超越した根源の世界であり、そこにはただ、「永遠(とわ)の中今」とでも呼ぶべき、「今」という名の「永遠(えいえん)の時」の中に、大宇宙意識という「純粋意識」だけが実在しています。

 大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である大宇宙意識とは、唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の「無限」の「想像力=創造力(そうぞうりょく)」を持った「純粋意識」なのです。
 物理的大宇宙の全ては、大宇宙意識が「想像=創造(そうぞう)」したものなのです。

 相対世界である物理的大宇宙とは、絶対世界において大宇宙意識が「想像(そうぞう)」したイメージを映し出す「鏡」の世界であり、絶対世界を映し出して体験する為に「創造(そうぞう)」されている「映し世(うつしよ)」なのです。

 物理的大宇宙(相対世界)は、絶対世界を映し出すバーチャルリアリティー(仮想現実)の世界であり、言わば、幻の世界なのです。

 大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である、大宇宙意識の全知全能の光が織り成す3Dホログラムのような世界なのです。

 この大宇宙に本当に実在しているのは、大宇宙の根本主体・根本創造主である、大宇宙意識という、一つの「純粋意識」だけなのです。

 大宇宙の仮相(仮の姿)の世界である物理的大宇宙(相対世界)とは、絶対世界を映し出す3Dホログラムのような世界なのです。

 3Dホログラムの映像がまとめられているサイトがありますので、参照されるとよいかと思います。
 そこに登場する、マイケル・ジャクソンやマライア・キャリー、エルビス・プレスリーなどは、何れも、3Dホログラムの光の映像なのです。

 3Dホログラムの映像がまとめられているサイトです。
 「3Dホログラムはここまで進化した!ホログラム映像まとめ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS