日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

何らかの「意志」を持った存在を認めない限り、物理的大宇宙の存在を説明出来ない

 物理的大宇宙という物質世界をいくら科学的に追求していっても、この物理的大宇宙を成り立たせている、何らかの「意志」を持った存在を認めない限り、物理的大宇宙の存在を説明する事は不可能です。

 この物理的大宇宙とは、偶然存在している訳ではなく、この物理的大宇宙を存在させている、何らかの「意志」によって存在しているからなのです。

 物理的大宇宙を存在させている、何らかの「意志」とは、敢えて言うならば、この大宇宙の根本主体である根本創造主の「意志」という事になります。

 そして、この物理的大宇宙を存在させている、大宇宙の根本主体である根本創造主とは、この物理的大宇宙に存在している訳ではありません。

 この物理的大宇宙とは、相対世界とでも言うべき仮相(仮の姿)の世界であり、大宇宙の本質の世界ではありません。

 大宇宙の根本主体である根本創造主が実在しているのは、絶対世界とでも言うべき、大宇宙の実相(本質)の世界であり、そこは非物質な世界なのです。

 物理的大宇宙という物質世界を存在させている源の世界、根源の世界とは、非物質な世界なのです。

 ですから、物質世界(物理的大宇宙)をいくら科学的に追求していっても、物質世界を存在させている源の世界の事は、解明出来ないのです。

 大宇宙の実相(本質)の世界である絶対世界に唯一実在しているのは、大宇宙の根本主体である根本創造主の「純粋意識」のみです。
 私は、便宜上、大宇宙意識と呼んでいます。

 大宇宙の根本主体(根本創造主)である大宇宙意識とは、唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の「無限」の「想像力=創造力(そうぞうりょく)」を持った「純粋意識」なのです。

 物理的大宇宙の全ては、大宇宙の根本主体(根本創造主)である大宇宙意識によって「想像=創造(そうぞう)」されたものなのです。

 この物理的大宇宙を存在させている源の世界、この物理的大宇宙を「想像=創造(そうぞう)」している根源の世界とは、全知全能の「無限」の「想像力=創造力(そうぞうりょく)」を持った「純粋意識」の世界なので、「意識」の探求によってしか、この大宇宙の本質を知る事は出来ないのです。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS