日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

大和(やまと)の国・日本

 私達日本民族や日本国は、「やまと」と呼ばれ、「大和」という字が使われています。

 「大和」という字は、おそらく当て字だと思われ、元々は「倭」の字が使われていたようですが、「大倭」や「大和」の字も用いるようになり、次第に「大和」に落ち着いたようです。
 何故、「やまと」と呼ばれるようになったのかについては、諸説あるようですが、その中には、ヘブライ語アラム方言で、「神の民」を意味する、「ヤ・ウマト」から来ているという説もあるようです。

 何故、「やまと」と呼ばれるようになったのか、そして、何故、「大和」という字で表されるようになったのかについては、おそらく誰も、確かな事は言えないとは思いますが、いずれにしても、日本人・日本国を表す言葉として、「大和(やまと)」という言葉が定着したのには、深い意味があるのだと感じます。

 元々、奈良地方を表す言葉だった「大和(やまと)」という言葉が、その後、大和心・大和魂というように、日本人・日本国全体を表す言葉となりました。

 今、私達日本人が、遺伝子の中に眠る大和心を蘇らせ、花開かせる時、真の「大和」の国・神国日本が花開き、大いなる和のハーモニーが、地球・世界へ、さらには、銀河系宇宙の大調和に向かって拡がって行く事でしょう。

 「大和(やまと)」・・・奈良 → 日本 → 地球・世界 → 銀河系宇宙

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS