日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

銀河系宇宙の中の地球という星

私達が住む地球という星は、銀河系宇宙に無数に存在する星の中の、一つの小さな星にしか過ぎませんが、今、大変革を遂げようとしている地球というこの星は、銀河系宇宙の中において、極めて重要な役割と使命を持った星のようです。

この21世紀に、私達人類の意識は飛躍的進化を遂げる事になります。
この地球という星が、高次元空間へと移行し、新たな地球が誕生する事になります。
花咲く都とでも呼ぶべき黄金文明の時を迎える事になります。

そして、この地球の新たな誕生は、単に、地球という一つの星に留まらず、地球が属する太陽系は元より、銀河系宇宙全体にも大きな影響を与える事になるようです。
地球という星が起爆剤のような役割を果たして、地球の新たな誕生が、太陽系、そして、銀河系宇宙にも、新たな誕生をもたらすような仕組みになっているようです。

そういう意味においては、地球という星は、銀河系宇宙の中心であるという事も出来るかも知れません。
地球という星が、銀河系宇宙の核(コア)を担っていると言ってもいいかも知れません。

ですから、今進行中の、地球の新たな誕生のプロセスは、単に、私達人類の願いというだけではなく、太陽系は元より、銀河系宇宙全体の願いであると言ってもいいかも知れません。
21世紀という今に生きる私達人類には、それだけ大きな使命と役割があるのだという事を自覚する事が大切であると感じます。

そして、人類の意識が飛躍的進化を遂げ、新たな黄金文明を迎える時、その中心的役割を果たすのは、私達日本人なのです。
私達日本人一人一人が、地球が新たな誕生を迎えようとする今この時、日出る神国・日本という国に生まれて来た本当の目的を想い出し、自らの役割を蘇らせる事が大切だと思います。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS