日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

日本三霊山(富士山・立山・白山)山開きの日の7月1日、立山に登拝して、雄山神社峰本社に参拝して来ました!

CIMG2059.JPG
日本三霊山(富士山・立山・白山)山開きの日の7月1日、立山に登拝して来ました!
そして、立山の主峰である雄山山頂に鎮座する雄山神社峰本社に参拝して来ました。

今年令和4年(西暦2022年)7月1日は、大和富士の新作CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」(各10曲収録)が2枚同時リリースされた正式発売日であり、とてもお目出度い日でもあります!

日本三霊山に数えられる立山というのは、一つの山ではなく、雄山・大汝山・富士ノ折立の三つの峰を総称して、立山と呼ばれています。

そして、主峰である雄山(標高3003メートル)の山頂に、雄山神社の奥宮とも言うべき、雄山神社峰本社が鎮座しています。
CIMG2033.JPG
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

前回、立山に登拝したのは、ちょうど4年前の2018年7月1日、立山山開きの日になります。
『令和4年(2022年)7月1日、CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」(各10曲収録)2枚同時リリース致します!』、こちらの記事でも書きましたが、今年2022年(令和4年)7月1日に、CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」が2枚同時リリースされることが決まったのは、ちょうど4年前の2018年7月1日、私が立山に登拝して雄山神社峰本社で神界と誓約(うけひ)・契約をして決まったことになります。

ですから、今年2022年(令和4年)7月1日、大和富士の新作CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」が2枚同時リリースされることは、既に4年前から決められていた神界計画なのです。

今回、7月1日に立山に登拝して雄山神社峰本社に参拝させていただいたのは、4年前の神界との誓約(うけひ)・契約を無事成就実現させていただいたご報告とお礼を兼ねての参拝となります。

4年前の2018年7月1日は、日帰りで立山山頂の雄山神社峰本社に参拝しましたが、今年は特別な年ということで、標高2400メートル付近の立山室堂にあるホテルに2泊して、たっぷりと日本三霊山に数えられる立山の御神気・エネルギーをいただきながら、これまでの半生の一つの区切りと位置付けて、ゆっくりと心静かな2泊3日の聖なる旅をして来ました。

立山には、小学生の時に初めて登って以来、約10回近く登拝させていただきましたが、一応、今回の立山登拝を一つの区切りとして、これが最後のつもりで登拝させていただきました。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

CIMG2009.JPG雄山神社前立社壇
6月30日の夏越の大祓の日、麓の立山町にある雄山神社前立社壇、そして、雄山神社中宮祈願殿に参拝してから、立山駅に向かい、ケーブルカーと高原バスを乗り継いで、室堂に向かいました。

日本三霊山・立山をお守りされている越中国一宮雄山神社は、立山町の雄山神社前立社壇と雄山神社中宮祈願殿、そして立山山頂の雄山神社峰本社の三社から成り立っています。CIMG2014.JPG雄山神社中宮祈願殿

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

CIMG2030.JPG
そして、今年令和4年(西暦2022年)7月1日、日本三霊山(富士山・立山・白山)山開きの日の目出度き日、大和富士の新作CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」正式発売日の目出度き日を迎えました!

当日7月1日は、終日雲一つない快晴で、朝から夕方5時過ぎまで丸1日かけて、日本三霊山・立山を堪能して来ました。

7月1日もホテルに宿泊なので、大汝山と富士ノ折立にも足を伸ばし、立山の三つの峰を全部歩いて来ました。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

CIMG2044.JPG
雄山山頂の雄山神社峰本社では、御神前にCD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」をお供えして、参拝させていただきました!CIMG2038.JPGCIMG2041.JPG

雄山神社峰本社での参拝を終えてから、大汝山と富士ノ折立まで足を伸ばし、立山の西側の端まで行ってからまた雄山山頂に戻って来たのですが、ちょうど雄山山頂の雄山神社峰本社の辺りまで来た時に、なんと、特別天然記念物の雷鳥が目の前1メートル位の所をひょこひょこ歩いて来て、逃げようともしなかったので、しばらくの間、目を楽しませてもらうことが出来ました。CIMG2047.JPG

逃げようともせずにずっといてくれたので、写真を何枚も撮ったり、今回リリースした曲を口笛で吹いて聞かせたりしながら、一緒にのどかな時間を共有することが出来ました。
CIMG2053.JPG
今回の立山登山の2泊3日の聖なる旅の間、ほとんど雲一つない日本晴れの快晴の中で、日本三霊山に数えられる立山の雄大な大自然を堪能することが出来ました。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

ジャケ写.jpg
今年令和4年(西暦2022年)7月1日、日本三霊山(富士山・立山・白山)山開きの日の目出度き日、大和富士の新作CD「虹の輝く世界へ」「永遠(とわ)の中今」がリリースされた正式発売日が、大和富士の本当の意味での出発点であり、スタート地点であると考えています。

来年以降も毎年7月1日に新作CDをリリースしながら、いずれ時期を見て近い将来に、ライブコンサートも毎年精力的に行っていきます!

そして、講演会や執筆はもちろん、アニメ制作なども含めた様々な今後の大和富士の活動が、日本人の意識変革を急速に推し進め、地球の新しい時代の意識へと導く中心的役割を果たすことになることは、いずれ誰の目にも明らかになると思います。

大和富士の天命は、西暦2035年までに、東洋の「日出づる神国」日本、「霊(ひ)ノ元」日本から、次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」を花開かせ、地球の恒久平和を実現させることになります。

誰も皆、戦争の無い平和な世界を望むのですが、ただ単に世界平和を願っても、戦争反対を唱えても、戦争は無くなりませんし、世界平和が訪れることもありません。

何故なら、そこには、国と国、民族と民族、宗教と宗教などの様々な対立や利害関係が存在しており、また、軍需産業や軍産複合体などの利害や思惑なども関係しているからです。

地球の恒久平和を実現させる為には、具体的なハウツーが必要であり、それが無い限りは地球の恒久平和を実現させることは出来ません。

大和富士のこれから本格的に展開していく活動は、地球の恒久平和を実現させる具体的なハウツーの一番核心の部分を担って行う活動になります!

ですから、地球の恒久平和を真に望む方々には、ぜひ大和富士の活動を応援していただけると助かります。

地球の黄金時代の扉を開き、新しい黄金文明を実現させるのは、有意の私たち日本人なのです。

西暦2035年までに、東洋の「日出づる神国」日本、「霊(ひ)ノ元」日本から、次世代の地球の新しい精神文明「花咲く都・黄金文明」が花開き、地球は黄金時代を迎えることになります。

キリスト教の世界で言われる「至福千年王国」のことでもあります。

もはや誰も苦しむことの無い、平和で自由な喜びに満ちた世界が花開き、私たち人類の黄金時代・新たな歴史が幕開けする時を迎えるのです!

本当に楽しみですね!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 メルマガ登録は、こちらのリンクをクリックしてお願い致します!
 https://88auto.biz/yamatofuji/registp/entryform2.htm
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ジャケ写.jpg

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS