日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

西暦2015年(平成27年)の幕開け

 西暦2015年(平成27年)が幕開けしました。
 新年、明けましておめでとうございます。
 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 日本三霊山と言えば、ご存知、富士山・立山・白山です。
 富士山は、表日本とも呼ばれる太平洋側に面していますが、立山と白山は、裏日本とも呼ばれる日本海側に面しており、北陸地方に位置しています。

 立山(富山県)と白山(石川県)は、富山・石川の両隣に位置しています。

 今年から、日本三霊山に数えられる、立山と白山の持つ働きが、本格化していくことになると思います。
 そしてそれは、現象界にも現れて来ることになると思います。

 今年の3月14日に、北陸新幹線が開通しますが、それも、一つの型示しです。
 裏日本とも呼ばれ、今まであまり脚光を浴びることの無かった北陸地方に光が当たり、次第に表舞台に現れて来ることになると思います。

 以前、「日本三霊山」の中に書きましたが、立山は、男性性を象徴し、白山は女性性を象徴しています。
 そして、霊(ひ)ノ元・日本の象徴である霊峰富士は、男性性と女性性が統合された、二元性が統合された姿を象徴しています。

 東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本の象徴である霊峰富士は、人類の意識が二元性の対立から統合へと向かうカギを握る空間であり、世界に二つと無い(不二)働きを持った神体山なのです。

 二元性の統合とは、善と悪、正と邪、陰と陽、男性性と女性性、東洋と西洋、プラスとマイナス、光と闇、神と悪魔というように、二極に対立している働きを統合して、大いなる和「大和(やまと)」へと導く働きのことです。

 霊峰富士の美しく雄大な姿は、二元性が統合された姿を象徴しています。
 日本一高く雄大な姿は男性性を表し、裾野がなだらかに美しく広がる姿は女性性を表し、男性性と女性性が統合された美しい雄姿で、二元性が統合された「大和(やまと)」を象徴しています。

 今年から、立山と白山の持つ働きが本格化することは、神界の裏の働きが、本格的に表に現れて来る動きとも対応しています。

 立山と白山の持つ働きが本格化していく流れは、やがて、東洋の日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本の象徴である霊峰富士の持つ働きが本格化していく流れにつながっています。

Comments : [1]

上出晃司: 2015年1月11日 19:56

年頭のブログを読ませていただき、関心をしました。日本三霊山の二山が北陸地方にありますが、富士山の知名度が高すぎて、白山、立山の知名度は低いと感じていました。しかし、北陸新幹線が開通すれば、白山、立山の知名度も上がることと思います。石川県に白山あり、富山県に立山、神通川あり、福井県に九頭竜川があり、北陸新幹線が開通することにより、それぞれの名が輝き始めることと思いました。d=(^o^)=b

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS