日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

純粋に「個」としての意識というものは、存在していない

 純粋に「個」としての意識というものは、存在していません。
 純粋に、自分個人の意識というものは、存在していないのです。

 私たちが普段、あれこれと考えている意識は、表面意識(顕在意識)と呼ばれる、氷山の一角のような部分であり、水面下には、潜在意識、無意識と呼ばれるような部分があり、さらに奥深くには、「個」としての意識を超えた、人類全体の集合意識のような部分があります。

 そして、私たちの意識をさらに奥深く遡って行くと、最終的には、大宇宙の根本主体であり、根本創造主である大宇宙意識まで辿り着くことになります。

 私たちの意識の一番奥深くには、大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識が内在していますので、私たち一人ひとりは、自分の意識の一番奥深くでは、この大宇宙の全てを知っているとも言えるのです。

 私たちの意識の一番奥深くには、大宇宙意識が内在していますので、私たちの意識を司り、コントロールしているのは、私たち自身ではなく、大宇宙意識なのです。

 ですから、自分が表面意識(顕在意識)で、何かをちょっと思ったり考えたりしていることですら、自分自身の力でそれを行っている訳ではなく、その背後には必ず、大宇宙意識の見えざる糸(意図(いと))が働いており、見えざる糸(意図(いと))で操られているようなものなのです。

 私たち一人ひとりに生命を与え、私たちを一呼吸一呼吸生かしている存在・力が、私たちの意識の一番奥深くで、私たちの意識を司り、コントロールしているのです。

 私たちは、大宇宙に生かされている存在であり、自分の力だけでは一呼吸すら出来ない存在なので、私たちが、自分自身の力で何かを思ったり考えたりしていることなど、本当は、何一つ無いのです。

 この大宇宙に本当に実在しているのは、大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である大宇宙意識だけなのです。
 私たち一人ひとりは、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、大宇宙における一つの役割として存在していますので、自分の思考・感情・行動などの全ては、自分の役割の中において、大宇宙意識が司りコントロールしているものなのです。

 私たち人間だけではなく、動物も植物も鉱物も、地球や太陽・月・星も、さらには銀河や大銀河団に至るまで、物理的大宇宙に存在する全ての被創造物は、大宇宙意識が「想像=創造(そうぞう)」したものであり、全てが大宇宙意識の見えざる糸(意図(いと))で動かされているだけなのです。

 大宇宙の森羅万象の全ては、ある一つの法則(力学)の元、大宇宙意識が持つ根源的エネルギーによって動かされています。
 大宇宙の森羅万象の全ては、大宇宙意識の見えざる糸(意図(いと))により動いていますので、全ては大宇宙意識の計画の中にあるのです。

 そして、大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識が実在している絶対世界(大宇宙の本質の世界)とは、時間も無ければ空間も無い、時空を超越した根源の世界であり、そこにはただ、「永遠(とわ)の中今」とでも呼ぶべき、「今」という名の「永遠(えいえん)の時」があるだけなのです。

「永遠(とわ)の中今」とでも呼ぶべき、「今」という名の「永遠(えいえん)の時」の中に、大宇宙の根本主体であり、大宇宙の根本創造主である大宇宙意識が実在しているのです。

「何故、未来は100パーセント確定しているのか」を知る上で、このことは、必要不可欠となります。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS