日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

奥田神社(富山市)に参拝して来ました!

CIMG1055.JPG           奥田神社の「導き八咫烏(ヤタガラス)」

本日2021年(令和3年)3月11日は、東日本大震災からちょうど丸10年目となります。

所用の為、車で外出することになっていたので、東日本大震災から10年目の節目となる本日、どこかの神社に参拝して、被災者の方々への哀悼の意を込めて、祈りを捧げたいと考えました。

そこで、用事が終わってから、今まで訪れたことのない神社に参拝してみたいと考え、奥田神社に参拝して来ました。
CIMG1049.JPG
奥田神社は、富山市奥田本町にある神社であり、昔から知ってはいたのですが、傍を何度も通ったことはあっても、今まで一度も参拝したことはありませんでした。


奥田神社のご祭神は、伊弉諾尊、伊弉冉尊、天照大御神、菅原道真公、琴比羅大神となっています。


また、奥田神社は、その昔、熊野神社と称し、官幣大社熊野那智大社から「みたま」を受けた分社としても知られており、社紋が八咫烏(ヤタガラス)に因んで鳥(カラス)となっています。

八咫烏(ヤタガラス)は、『古事記』の神武天皇の東征の場面で登場する、聖なる鳥のことです。
八咫烏(ヤタガラス)は、日本サッカー協会のシンボルになったことでも知られています。
CIMG1053.JPG
CIMG1051.JPG
CIMG1054.JPG
拝殿には、黄金の「導き八咫烏(ヤタガラス)」が安置されていました。


地球の新しい時代に向けて、自分が果たすべき天命に向かって邁進すべく、決意を新たにした一日でもありました。


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS