日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

大宇宙意識(無限)は、私たち人類に対して「永遠に無関心」

拙書『大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム』より
★大宇宙意識(無限)は、私たち人類に対して「永遠に無関心」

c51e2c031dacc9a7368d926f0bf5f220_s.jpg

 時間においても空間においても「無限」の大宇宙、即ち、「大宇宙意識(無限)」とは、私たちが、神や仏という言葉からイメージするような概念を遥かに超えた、もっとスーパーな存在です。
「大宇宙意識(無限)」は、大宇宙の森羅万象に対して「永遠に無関心」であり、もちろん、私たち人類に対しても、「永遠に無関心」なのです。
「大宇宙意識(無限)」とは、私たち人間の願いや祈りに同情して、願い事を叶えてくれたり、あるいは、私たちの行いに対して怒り、天罰を下したりするような存在などでは、全くありません。

 私たちの肉体の中には、例えば、腸の中だけでも、何十兆もの腸内細菌が存在していますが、善玉菌や悪玉菌と呼ばれる、それらの何十兆もの腸内細菌の一つひとつの生死に関して、私たちは「終生無関心」な筈です。
 それと同じように、私たちが宇宙と認識しているものは、さらに一回り大きな宇宙の一部であり、私たちの太陽ですら一つの微粒子に過ぎない巨大な生命にとっては、私たち人類が黄金時代を迎えようが滅びようが、「永遠に無関心」なのです。
 そして、そのような巨大な生命体が存在する宇宙の外にも、さらに一回り大きな宇宙が存在し、その外にもさらに一回り大きな宇宙が存在しており、これが「無限大」に続いていくことになります。
 そして、私たちの体の中にある六十兆もの細胞一つひとつの中にも、小さな宇宙があり、その中にはさらに小さな宇宙が存在しており、その中にもさらに小さな宇宙が存在しており、これが「無限小」に続いていくことになります。

 時間においても空間においても「無限」の大宇宙においては、今この瞬間にも、様々な無数の世界が誕生しては消えているのです。
 そしてそれらの全てを司っているのが、「大宇宙意識(無限)」なのであり、「大宇宙意識(無限)」は、私たち人類に関してはもちろんのこと、大宇宙の森羅万象の全てに対して、「永遠に無関心」なのです。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
拙書『大宇宙意識(無限)と異星人エロヒム』より

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS