日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

自然の中で緑(植物)や海や川が持つ癒しの波動を浴びて休息し、無限の大宇宙に想いを馳せる

maple-349994_640.jpg

≪人間には緑(植物)の波動が必要だとされています。日常生活の中でも花や植物に触れる機会を多くするとともに、時には大自然の中で森林浴なども楽しみましょう。≫

 今は新緑の季節ですが、私は、この新緑の季節が大好きです。

『瞬間瞬間に移り変わる時間の流れと、大宇宙の森羅万象の全てが永遠に記録されている不思議さ』、こちらの記事の中でも書きましたが、桜の花がパッと花開いて見事に散っていった後には新緑の季節が訪れ、木々が芽生えて色付きながら、夏に向かって全速力で駆け抜けて行く、あの生命の躍動感、スピード感が大好きなのです。

 時間がある方は、なるべく森林浴などをして、新緑のこの季節が持つ瑞々しさを楽しまれると良いかと思います。

 そして、森林浴が大切なのは、なにもこの新緑の季節に限ったことではありません。

 私たち人間には、植物が持つ緑の波動が必要だとされていますので、なるべく植物が持つ緑の波動を浴びる機会を多く持つように心掛けるとよいでしょう。

 植物が持つ緑の波動を浴びていないと、人間は本来の状態から少しずつ遠ざかってしまうようです。

 日常生活においても、自分の身の回りに花や植物などを置いて、花や植物に触れる機会をなるべく多く持つことを心掛けることも大切です。

 また、都会生活をされている方でも、休日などには近くの公園などで植物に触れる機会を多く持つことも大切かも知れません。

 そして、時間があれば、森林浴などをして、大自然の中で癒しの波動を浴びながら静かに休息することがお勧めです。

 大自然の中では、植物が持つ緑の波動だけではなく、水が持つ癒しの波動を浴びることもできます。

 海の潮騒やさざ波の音であったり、小川のせせらぎ、あるいは、滝の音などを聞いていると、水が持つ癒しの波動を浴びることができます。

≪大自然の中で世の喧騒を忘れて、自分の内なる心の声を聞く。≫

 森林浴をしながら植物が持つ緑の波動を浴びたり、川や滝や海などの水の波動を浴びて、大自然の中で癒される時間を持つことが大切だと思います。

 その際は、スマートフォンなどもしばし電源をオフにして、静かな時間を持つと良いでしょう。

 なるべくなら、一人でいる時間を多くするのがベストです。

 特に、色々な考え事があったり、悩み事がある場合は、なるべく一人で大自然の中に浸って癒される時間が有意義な時間となります。

 ことわざにも『下手な考え休むに如かず』というのがありますが、下手に考えるよりは、何も考えずにいた方が、逆によく考えていることであるとも言えます。

 そして、大自然の中で一人静かに時間を過ごしてみると、色々な気付きを得ることもあります。

 多くの人は、自分が本当は何を望んでいるのかということに、気が付いていない場合が多くあります。

 例えば、自分が夢や目標としていたことが、自分が本当に望んでいることではなく、自分が本当に望んでいるのは、別のことである場合もあります。

 自分の周りにいる誰かや世間の価値観などを知らず知らずのうちに自分の夢や目標と勘違いしてしまって、自分が本当はそれを望んでいる訳ではないということに気が付いていないこともあります。

 自分が本当は何を望んでいるのかに気が付いていない状態で、あれこれと考えてみたところで、良い考えが浮かぶというものでもありません。

 自分が本当は何を望んでいるのかに気付くことができれば、そこからの道も明確に見えてきます。

 自分自身が本当は何を求めているのか、自分の中にある内なる心の声を聞くようにすることが大切になります。

 自分の中にある内なる心の声を感じてみると、色々な気付きを得られるかも知れません。

 例えば、自分は今精神的にも肉体的にも疲れ切っているのだという、ある種の悲鳴のようなものが感じられ、今の自分に必要なのは"頑張り"ではなく"休息"なのだと気付くことになるかも知れません。

 あるいは、自分が何とか改善しようと悩んでいたことが、"改善"ではなく"取り替え"が必要であり、"総取り換え"の時だと気付くこともあるかも知れません。

 例えば、職場での人間関係や長時間労働など過酷な労働環境に悩み、何とか改善しようと悩んでいたことが、"改善"するのではなく、"取り替え"が必要であり、その職場を辞めて環境を変えることが必要だと気付くかも知れません。

 あるいは、住む場所を変えることが必要だと気付くかも知れません。

 私も一度、十数年住み慣れて気に入っている場所から、思い切って別の場所に引っ越し、環境をがらりと変えたことがあります。

 その時は、住む場所はとても気に入っていたので、引っ越しをしたいなどと考えてもいなければ、引っ越ししなければならない理由も全くありませんでした。

 ただ、自分の内面奥深くにある心が、環境を変えることを望んでいることがはっきりと感じられたので、思い切って住む場所を変えることにしました。

 新たな未来を創造していくために、それまでの過去に一度区切りを付けて、新たな環境の中に身を置く時なのだということがはっきりと感じられたのです。

 そして、別の場所に引っ越しをしてから分かったことは、やはり次なる場面があり、新たなステージが用意されていたのだなということです。

 

≪時間においても空間においても「無限」の大宇宙の中で生かされている自分を常に想い出すことが大切。≫

 時間においても空間においても「無限」の大宇宙の中で生かされている自分自身を常に想い出すことが大切になります。

 自分が喜んだり悲しんだり、悩んだり苦しんだりしているのも、大宇宙に生かされているからこそであり、どんな時でも、自分を一呼吸一呼吸生かしている大宇宙の力を想い出すことが大切になります。

 人間の悩みは、人間関係のこと、お金のこと、仕事のことなど、人間社会のことがほとんどですが、しばし世の中の喧騒を離れて、大宇宙に生かされている自分自身と大宇宙との関係に想いを馳せてみることが大切になります。

 時間においても空間においても「無限」の大宇宙を司っている唯一の実在である大宇宙意識という「純粋意識」は、あなたの全てを知っています。

 そして、あなたの意識の一番奥深くには、大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識が内在しています。

 あなたにどのような悩みや苦しみがあろうとも、あなたを一呼吸一呼吸生かしている大宇宙の「無限」の力があなたの中に内在していることを常に想い出すことが大切になります。

 時間においても空間においても「無限」の大宇宙の中で生かされている自分自身を、常に忘れないことが大切です。

 日々の日常生活においても、瞬間瞬間、大宇宙に生かされている自分を想い出すことが大切になります。

 ただ、そうは言っても、日常生活の忙しさの中にいると、ともすれば大宇宙と自分とのつながりを深く感じられなくなる時があるかも知れません。

 そのような時には、大自然の中で森林浴をして緑(植物)の波動を浴びたり、海や川や滝などで水の波動を浴びたりして、大自然の癒しの中で休息しながら、自分自身の内面奥深くにある心の声を感じてみると良いかも知れません。

 どんな時でも、時間においても空間においても「無限」の大宇宙の中で自分が生かされているということを忘れないことが大切になります。


Comments : [6]

kiyo: 2016年5月20日 09:59

遍在しているという表現がとても腑に落ちました。ありがとうございます。

大和富士: 2016年5月19日 18:32

kiyo さんへ

大宇宙の根本主体・根本創造主である大宇宙意識という「純粋意識」は、全ての源であり、物理的大宇宙の全てにあまねく遍在しています。

kouji: 2016年5月19日 16:14

そういうことですね。ありがとうございます。

kiyo: 2016年5月19日 10:04

純粋意識は個々の生命の中に共通してあるものでしょうか?
そして、その意識こそが源ということでしょうか。

大和富士: 2016年5月18日 21:24

kouji さんへ

エロヒムが大宇宙そのものを創造した訳ではありませんので、エロヒムが管理しているのは、あくまでも、彼らが創造した、地球を含む3つの惑星だけです。

この大宇宙そのものを司っているのは、大宇宙意識という「純粋意識」です。

kouji: 2016年5月18日 17:06

この世が宇宙のコンピューターであった場合、そのコンピューターを操作しているのはエロヒムですか?

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS