日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

魂の進化としての道の最短距離を突き進んでいる自分自身と人生の流れを信頼する

拙書『魂の夢、光り輝く魂』より
★魂の進化としての道の最短距離

clouds-808748_1280.jpg
 私達の人生の基本テーマは魂の進化という事であり、魂の進化というプログラム上にしか私達の人生は存在していませんので、人生で起きる全ての事は、我が魂の進化の為に起きているという事になります。

 そして、我が魂は、魂の進化としての道の最短距離を突き進んでいます。

 天の仕組みとして、魂は進化するしかないので、魂が進化する場合と進化しない場合がある訳ではなく、常に進化を続けており、魂の進化としての道の最短距離を突き進んでいるのです。

 自分の人生の主体者・創造者は、大宇宙意識の分霊(わけみたま)であり、本源の我、真我である、我が魂です。
 我が魂が、光り輝く魂になる事を求めて、魂の更なる輝きを求めて、魂の進化の為に、全ての現実を「想像=創造(そうぞう)」しています。

 自分の人生に起きる全ての事は、魂の進化の為に最善の事が起きているのであり、最善の事の連続でしかありません。
 ただ、その事が、肉体の自我意識(表面意識)では、分からないだけなのです。

 例え、肉体の自我意識(表面意識)では分からなくても、自分の人生に起きる全ての事は、魂の進化の為に最善の事が起きているのであり、我が魂は、全ての出来事、全ての体験を使って、魂の進化としての道の最短距離を突き進んでいます。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
拙書『魂の夢、光り輝く魂』より

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS