日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

聖書における神(GOD)という言葉は、史上最大の誤訳

 無形の超自然の全能の神により天地創造が行われたという概念は、「天空から飛来した人々」を意味するエロヒムというヘブライ語が、いつの間にか、神(GOD)と誤訳されてしまったことによるものなのです。
 聖書における神(GOD)という言葉は、史上最大の誤訳だと言っても過言ではありません。

 無形の超自然の全能の神が天地創造を行った訳ではなく、他の惑星からやって来た、私たちと同じ人間たちによって天地創造が行われたことを聖書は伝えていますので、実は、聖書とは、世界最古の無神論の書なのです。

拙書「花咲く都・黄金文明」より



RaelTV

参考文献
ラエル「真実を告げる書」 無限堂
ラエル「地球人は科学的に創造された」 無限堂


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS