日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

アダムとイブは、実験室の中で科学的に創造された「試験管ベビー」だった

 地球の全生命の創造者は、非常に高度な科学を持った、異星人エロヒムです。
 聖書において神(GOD)と誤訳されている元々の原語は、ヘブライ語のエロヒムという言葉であり、「天空から飛来した人びと」を意味する、れっきとした複数形なのです。
 単数形が、エロハになります。

 先日、『エロヒムの科学者たちは、植物の次に、動物を創造した』の中に書きましたが、地球の全生命の創造者であるエロヒムの科学者たちは、最初に植物を創造し、その次に、動物を創造しました。

 そして、エロヒムの科学者たちの中で最も有能な人たちは、遂には、彼らに似せた知的生命体、即ち、人間を人工的に創造しようとしました。

「神(エロヒム)は言われた。
我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』
神(エロヒム)は御自分にかたどって人を創造された。
神(エロヒム)にかたどって創造された。
男と女に創造された。」(「創世記」第1章・第26・27節)

 人類最初の人間であるアダムとイブは、実験室の中で科学的に創造された「試験管ベビー」でした。

 エロヒムの実験場は何か所かあったのですが、古代イスラエルの地にいた科学者チームは優秀だったので、その地の動物は最も美しく、その地の植物は最もかぐわしいものでした。
「エデンの園」とは、このことだったのです。
 そして、この地で創造された人間が、最も高い知性を備えていました。


参考文献
ラエル「真実を告げる書」
ラエル「地球人は科学的に創造された」


Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS