日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

未来の私に委ねる――未来の心であれば、今のことは、良く分かっています

 人生に行き詰まりを感じて、今の自分が置かれている状況をどう捉えたら良いのか、今、自分は何をすれば良いのかが、全く分からず、途方に暮れる時があります。

 八方塞がりの中に自分がいるように思えたり、出口の全く見えない、暗いトンネルの中にいるように感じることもあるかも知れません。
 絶体絶命のピンチに追い込まれたような感じで、死にたくなるような時もあるかも知れません。

 そのような時は、未来の私に委ねる、ということが大切になります。
 未来の私、大いなる私に委ねる、ということが大切になります。

 今の心だから、今のことが、良く分からないだけなのです。
 未来の心であれば、今のことは、良く分かっています。
 未来の心であれば、そのことは、良く分かっているのです。

 過去において、八方塞がりのような状況に追い込まれたり、絶体絶命のピンチと思えるような状況に陥ったりして、人生に行き詰まりを感じたこともあるかも知れません。
 出口が全く見えない、暗いトンネルの中に自分がいるような感じがして、自分は何故、このような状況にいるのか、自分はこれからどうすれば良いのかが、全く分からず、死にたくなるような思いをしたこともあるかも知れません。

 しかし、次なる場面が必ずあり、次なる展開が必ずあり、ちゃんと道は付いていた筈です。
 今、その時のことを振り返れば、あの時はああいう時だったのか、ということが、今の心であれば、分かるのです。
 
 あの時は、ああいう時だったからこそ、次なる場面があり、次なる展開があり、今現在に繋がっているということが、今の私であれば、分かる訳なのです。

 人生に行き詰まりを感じて、何故、自分はこのような状況にいるのか、自分はどうすれば良いのかが分からなくても大丈夫です。
 今の心だから、今のことが良く分からないだけなのです。
 未来の心であれば、今のことは、良く分かっています。
 分からないところは飛ばしておいて、未来の私に委ねれば良いのです。

 未来は100パーセント確定していますので、未来の私、大いなる私は、死に至るまでの自分の人生の全てを知り尽くしています。
 未来の私、大いなる私は、今の私のことを、良く分かっています。

 例え、今の私の心では、自分が不幸・不運のドン底にいるように感じられたとしても、未来の私、大いなる私から見れば、魂の進化にとって必要なプロセスであり、魂の進化にとって最善の状況であり、魂の進化としての道を最短距離で突き進んでいることを、良く分かっているのです。

 次なる場面が必ずあり、ちゃんと道は付いているから大丈夫だということを、未来の心は、良く分かっているのです。

 今の心だから、今のことが良く分からないだけなので、分からないところは飛ばしておいて、未来の私、大いなる私に委ねれば良いのです。

 未来の私、大いなる私は、今の私のことを、良く分かっています。
 やがて、未来の私、大いなる私が解決してくれます。

Comments : [1]

匿名: 2014年11月17日 13:56

本当に本当にありがとうございます。半年前、誤解と誹謗中傷から、ありえない現実を経験しその現実を否定的にしか受け入れられなかった、私には、否定的な未来しか考えられず、死ぬしかないと思い込んでしまいました。精神的に死の寸前まで追い込まれましたが、毎日大和富士さのブログを読み、本を読み、CDをを聞き、思うままにいろんな方々にもあって、話も聞いているうちに、自分の中の否定的な感情がどんどん外されていき、気が付くと、最悪と思っていた現実が実は最高の、最短距離の近道だったことに気が付きました。現実のすべてが私だけでなく、縁するみんなにとって、望ましい状況へ次々と変化し創られていっています。何一つ困ることは無かったのです。大変ということは、大きく変わることと、本当によくわかりました。すべてが魂の進化のために必要だったことなのですね。善悪もなく、正しいとか、間違ってるということでもなく、この私に必要だったということなんですね。
まだまだ、この経験が次々といろんな縁を引き寄せ、楽しい素敵な仲間たちが集まっています。誹謗中傷を続ける人たちはその人たちで、やはりそのことが必要であり、そこから新たな縁する現実を創っていっているのですね。今では、ただただ感謝しかありません。ここにいること、出会った人たち、受け入れ難いと思った経験でさえもすべてが魂の進化のために起こりべくして起こったことと、ありがたく感謝の思いでいっぱいです。また、そのことを未来の私がすべて知っていることで更に大きな安心に包まれました。ありがとうございます。

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS