日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

全ては、神の戯れ(リーラ)

拙書『魂の夢、光り輝く魂』より
★全ては、神の戯れ(リーラ)

サンスクリット語に、「神の戯れ」というような意味の、「リーラ」という言葉があるようです。

実は、大宇宙の森羅万象の全てが、「神の戯れ(リーラ)」と呼べるものなのです。

大宇宙に唯一実在しているのは、大宇宙意識のみであり、大宇宙の森羅万象の全ては、絶対世界にある大宇宙意識が「想像」したイメージが、大宇宙意識の光により物質化されて「創造」されたものなので、この大宇宙の全てが、大宇宙意識の「想像」の産物だという事になります。

絶対世界に唯一実在している大宇宙意識が行っている事は、ありとあらゆる事を「想像」し続ける事であり、自らの「想像」を光によって物質化させ、ありとあらゆる事を、現象界に「創造」し続ける事なのです。

現象界である物理的大宇宙は、大宇宙意識が「想像」したイメージを、映し出して体験する為の場であり、言わば、バーチャルリアリティー(仮想現実)のような世界なので、大宇宙の森羅万象の全てが、大宇宙意識の中で繰り広げられる、壮大なゲームであるとも言えます。

純粋意識である大宇宙意識は、現象界である物理的大宇宙を通して、自分自身を体験し、味わっているのだとも言えます。

大宇宙意識が唯一行っているのは、「想像=創造(そうぞう)」という仕事であり、それによって生み出された大宇宙の森羅万象の全てが、大宇宙意識の壮大なゲーム・遊びであり、全てが、「神の戯れ(リーラ)」と呼べるものなのです。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
拙書『魂の夢、光り輝く魂』より

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS