日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

平成二十二年(2010)年は、第一回目の天岩戸開き

平成二十二年(2010)年も、今日の大晦日で終わりになります。
今年、平成二十二(2010)年は、第一回目の天岩戸開きが行われた、記念すべき年となりました。

今年、平成二十二年(2010)年7月1日、日出る神国、霊(ひ)ノ元・日本の天岩戸開きが行われました。
イワト(平=一八十)成るフジ(二二)の年・富士山開きの日の7月1日、日本の象徴・霊峰富士が夜明けを迎え、富士の持つ真の働き、世界に二つとない(不二)働きが表に現れ、世界は新たな時を迎える事になりました。

富士の夜明けは日本の夜明け、そして、日本の夜明けは、地球・世界の夜明けです。
今年7月1日の天岩戸開きによって、地球・世界は新たな段階に突入し、もう後戻り出来ない段階へと入りました。

地球の新たな誕生、花咲く都・黄金文明はこれで確約されましたので、これからは、そこに向って全てが進んで行く事になります。

そして、天岩戸開きはこれが最初で最後ではなく、この後、何回か行われる事になります。(おそらく、全部で5回)
最後の岩戸が開かれた時、日出る神国・日本に花咲く都・黄金文明が誕生する事になるでしょう。
そして、それは全世界に波及し、その後千年間(至福千年王国)に亘って、日本は世界の精神的中心となるでしょう。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS