日本の新しい調べ・神響き、天岩戸開きの祝いの神楽歌

大和富士ブログ|BLOG

魂の進化

私達の人生には、生まれて来た目的があります。生きるのには目的があり、それは、魂の進化ということなのです。
魂の進化とは、心の純化、意識の福化、心の器を大きくして、いずこにもとらわれない心になる、という事です。

コンピューターには、基本ソフト・OSが入っているように、私達の人生には、基本となるテーマ「魂の進化」というプログラムが入っています。
そして、魂の進化というプログラムでしか私達の人生は動いていませんので、人生に起きる全ての事は、我が魂の進化の為に起きているということになります。

そして、全ての出来事を起こしているのは、自分自身、本源の我とも言える、我が魂だということです。
我が魂が、自らの進化を、自らのさらなる輝きを求めて、全ての現実を創造しているということになります。

決して、神とか天とか大宇宙とかが、自分自身の意に反して、勝手に自分の現実を創造しているわけではありません。
神の分霊(わけみたま)である我が魂が、自らの進化の為に全ての現実を創造しているのであり、「人は神である」とか、「人は創造主」であると言われるのは、そういうことでもあるのです。

そして、魂の関心事と、肉体の自我意識の関心事とは違います。
魂にとっては、心の器を大きくし、いずこにもとらわれない心、言わばタイタン(巨人)のような心を創ること、心を純化させることだけが関心事なので、その為に必要と思われる最適な状況を創造します。
それらは、病気や怪我、お金を失うこと、失恋・離婚、失敗、失業、社会的地位や名誉を失うことなど、一般的に、不幸・不運と呼ばれているような状況かも知れません。

一方、肉体の自我意識の関心事は、多くの人にとっては、健康・長寿、お金を得ること、素晴らしい異性との恋愛・結婚、理想の仕事、社会的成功、地位・名誉、素晴らしい人間関係など、一般的に、幸福・幸運と呼ばれているような状況かも知れません。

このように、本源の我である魂の関心事と、肉体の自我意識の関心事とが違い、差(ギャップ)がある為に、本当は自分の魂が望んで創造した自分の人生なのに、ともすると、つらく苦しく、あたかも自分が被害者であるかのように感じたりしてしまいます。

しかし、創造の主体者である我が魂にとっては、体験する全てが喜びなので、そういう魂の想いを感じ、魂の願いというものに意識を合わせていくことが、とても大切だと思います。
特に人生がつらく苦しく感じられる時は、全ては「魂の進化」の為に、我が魂自らが仕掛けたプログラムであることを想い出すことがとても大切になります。

このことは、とても重要なテーマなので、折に触れて、書いていきたいと思います。

Comments : [0]

コメントを書く

最近の記事|recent Entry

カテゴリー|Category

月別アーカイブ|Archives

リンク|Links

フィード|FEEDS